読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

007スカイフォール 見てきました。感想書いちゃいます

映画感想

f:id:fuura0925:20151209210646j:plain

まずは解説かから

少年時代を過ごした"スカイフォール"で焼け
残った写真を受け取ったジェームズ・ボンド(ダ
ニエル・クレイグ)は、その写真に隠された謎を
解明するため、M(レイフ・ファインズ)の制止を
振り切り単独でメキシコシティ、そしてローマへ
と赴く。

そこで悪名高い犯罪者の未亡人ルチア・スキア
ラ(モニカ・ベルッチ)と出会ったボンドは、悪
の組織スペクターの存在をつきとめる。

だがその頃、ロンドンでは国家安全保障局の新
しいトップ、マックス・デンビ(アンドリュー・
スコット)がボンドの行動に疑問を抱き、M率い
るMI6の存在意義を問い質していた。

一方、ボンドは秘かにマネーペニー(ナオミ・
ハリス)やQ(ベン・ウィショー)の協力を得て、
スペクター解明の鍵を握る旧敵Mr.ホワイト(
イェスパー・クリステンセン)の娘マドレーヌ
・スワン(レア・セドゥ)を追跡。

死闘を繰り広げながらスペクターの核心部分
へと迫るなか、氷雪のアルプス、灼熱のモロッ
コへと飛んだボンドは、やがて追い求めてきた
敵と自分自身との恐るべき関係を知ることにな
るのだった……。

とまあ、わかりにくい説明ですね(笑)

で、私が完全解説。
当然完璧なネタバレ解説ですから結末を知りた
くない人はここから先は読まないでくださいね。

映画の感想は、スパイ映画の王道を貫いた作品
でとても面白かったので、ぜひ見てくださいと
いう意見です。

ですからネタバレを読みたくない人は、ここま
でで、以降は読まないでください。

さて、ここからは完全ネタバレ解説に入りますが
まあ、ネタバレさせても映画の本質には関係あり
ませんから、むしろネタバレ読んで見た方がわか
りやすい思いますよ、

私的には。だって、私最初の頃はどうもストーリ
展開がいまいち飲み込めず、最後の結論で再構築
しやっとわヵってきたという按配で(笑)

ではネタバレ解説開始です。

手っ取り早く言うと、ボンドは前作で亡くなっ
たMの遺言で、旧敵Mr.ホワイトを探し、殺す
依頼を遂行するため、組織の命令を無視して勝
手に行動し、停職となるが、さらにおかまいな
しに操作は続けていくと、その昔、自分を育て
てくれた養父と兄、実はこの二人雪山で遭難し、
死んでいたことになっていたのですが、本当は
兄が養父を殺し生きていたのです。
で、当然、それが実はスペクターの黒幕だった
と。

このスペクターをやっつけるため、旧敵Mr.ホワ
イトの娘マドレーヌが、お約束どおり、ボンド
の恋人となり、二人でスペクターの陰謀、陰謀
とは世界中の情報を一元化に集めそれを操作し
ようとする企てんんですがね。

いつもは遊びで女を抱くボンド。
どういうわけか今回はマドレーヌに惚れちゃい
ましてね、このマドレーヌが情報員嫌い。

一方ボンドの組織内ではMとCが敵対しており
Cの策略で00(ダブルオー)組織は解体され
てしまうのです。
実はCはスペクターの手先と言うお決まりの粗
筋ですがね。

ラストはボンドの人間性が試される形。
自分の兄(実の兄ではないですが)を我が手で
殺すか否かでの選択で、結局殺さず、それを見
た恋人のマドレーヌの心に響き、はいめでたし
めでたしハッピーエンド。

ボンドちゃんは情報部を辞めて、マドレーヌと
愛車に乗ってさようなら。

で、一件落着と。

本当に辞めちゃうと、007シリーズはこれで
終わっちゃいますが、さあて、どうなるんでし
ょうかね(笑)

で感想ですが、まあ、お決まりのありえへんと
突っ込みまくりのストーリではありますが、全
体を通してスパイ映画の王道をまっしぐら。

その意味目新しさはありませんが、安心して見
られると、どちらを好むかは見る人の感性にか
かってきます。

残念だったのは、冒頭のシーンで出てきた悪名
高い犯罪者の未亡人ルチア・スキアラがもう一
度出てくるだろう思ったら、それっきりだったこ
と。
ただボンドと抱き合っただけなんて、寂しすぎま
すよね。

お約束なら、再度登場させて、死ぬなり、何か
をするなり、もう一仕事してくれてたら、嬉し
かったのに。

3時間近い映画でしたが、その長さを全く感じ
ませんでしたから、007シリーズをご覧にな
ったことのある人なら、まず外れ感無しに見る
ことができると思います。

とにかくハッピーで終わってくれたことが何よ
りでした。

皆さんが見に行き、興行成績がいいと、ボンド
の辞表も撤回されると思いますから、是非見に
行ってくださいね(笑)