読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

9割の病気は自分で治せる を読んで

私は過去あまり病気をしたことが無い
親に感謝しなければいけないのだろうが
はてさて、首をひねる
親は自分の血の中にあるDNAを私にくれた
だけ。

そもそも論として好きなナニをして、挙句に
私ができさあ始末に負えないぞ・・
どうしよう、やばい、親族会議
堕ろすのどうの、するまえに、ありゃ産まれ
ちまった・・
しゃあないか

と出現しただけで・・・
ん?????

アハ(笑)
本の感想には関係なかった。

つまり、幼いころはできるだけ家から離れ
野原で遊び回っていた
勿論一人で
だってさあ、群れると、異質がいじめの対象に
なっちゃうじゃん
特に出生の異質は
一人だけ苗字が違ってたら異質じゃん

んんんん???

またまた関係ない話を

でだ。
この本の執筆者と全く同じ考えだと。
それが言いたかったわけだ。

皆さんご存知ですか
あなたにとっての一番のお医者さんが誰かを。
考えるまでもないですよね
あなた自身なんですから。

体調が悪くなって一番に気づくのは本人以外
ありえないのですから。

つまり、自分の体調を、リズムを、自分に問いか
けながら生活していれば、ちゃんと自分の抗体が
病原菌をやっつけてくれると

甘いものが食べたいなと思ったら食べればいいし
眠いなと思えば寝る時間を作り寝ればいいと。
主治医自分が、ちゃんと心の中から、体という
デスプレーを使って警告してくれるので、それに基づき
その指示通りにすればいいと。

病気は実は薬を飲むことから始まる
これこの著者先生も語っていますが、私もまったく
同意見。

そりゃ、感染で病気になったら、これはもうその
病原菌を処理しないといけませんから、しかたなし
抗生物質を使用するかもしれませんが、そもそも
は、その病原菌をはねのける、或は察知できる方が
いいにきまってますよね。

薬は人間が見つけた悪魔の宝石。
綺麗で、素敵ですが、その内部には恐ろしい毒
(副作用)が詰まっていることを忘れちゃいけないと。

身体が求めて、その通りにしていたら太っていくかも
しれませんが、やがて太りすぎれば身体が警告を発する
はずです。

そのサインを見落とさなければ、薬いらずの生活が
実践できるはずです。
大多数の人はです。

勿論生まれながらに病を持った人、抗体がうまく働かない人
そんな人もいますが、あくまでも大多数の(健康な人)を
対象にしたお話です

世界中が薬まみれです
薬で何かが治るかもしれませんが、その薬が実は次の
病の原因になる。
そしてそれを薬で治せば、また次の病が。

まさにマッチポンプです。
これじゃあ終わりがありません。

薬はほどほどに
当たり前の話を、当たり前に書いた本ですが
当たり前に実践するのは案外難しいのかもしれ
ませね

米澤穂信著 氷菓の感想です

何てことない書き出し、イヤ少し硬さがあるか
妙な言い回しも気になりあれ?外れか・・と
思いきや、イヤイヤまさかの当たり本。

読書会で紹介され、私が育った岐阜出身の作家さん
と聞き、読んでみようと思ったのが動機

面倒くさがりの高校男子と、清楚な女子高生が
ひょんなことから古書部に入部したところから
始まる、なんちゃって推理小説
凄い推理ではなしに、こじんまりとした推理だが
本題は推理だけではないからご安心。

高校時代の甘酸っぱい恋愛小説かと問われれば
それも違う。
でも甘酸っぱい雰囲気は確かにシャボン玉のように
行間を浮遊している。
いずれ弾けて恋にでも発展しそうで、でもまだ、しない、、

くぅ、、ねっ、、あの高校時代の、ほらあの感覚。
わかるでしょう。

面倒くさがりの主人公の姉からの一通の手紙が最初の
話の導入部だが、うまいんだよな、これが、すべて
を読み終えて思い返せば計算されている。

ふん、所詮死体も、暴力もない、お子様の推理劇だと
思ったら大間違いのこんこんちき。
馬鹿にしちゃいけませんよ。ちゃんとした推理と
巧みな人物描写、独特な雰囲気、折り紙つけてもいい
ほどの極太構成。

最後だって、どんでん返しも入っているし、もうてん
こ盛り。
小説を一読し、本の題名に回答があったなんてわかった
時の小憎たらしい演出。
よく考えたら、ありきたりの推理小説なのだが、何故か
惹かれる。何故なんだろう。

九話構成になっており、それぞれが一編の推理小説仕立て
にしあげ、そこで登場人物の紹介をしていくあたり小憎らしい
書き方だ。そして全体を通して一つの高校生探偵もどきの
推理小説に整えている。

おぬしやるな・・お代官様、、あれーー
そうそう、これだ。
ベタ、なんとなくベタ。
推理小説のベタの王道行ってるのに面白い。
あるいはベタだから面白いのか。
とにかく読者に親切だ。
ん?
親切な推理小説って、ひどいよなこの表現

でも面白い、というより、やめられないんだよな
読み始めると。
これって何なんだろう。

本探偵の私としては解明しなければ。

そうそう、続編が出ているらしいのですが、多分私
買っちゃうでしょうね。
この本の魅力の源を探る為、、なんて理屈こいてるけど
早い話、面白いんですよ

まあ、読んでみてください。

あ、面白いと思わない人がいたら、そりゃ
あなたが悪いんですよ。

 

濁ってるんです、こころが(笑)

「とれたての短歌です」 再読してみました

御存じ俵万智さんの短歌集

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

で一躍歌人としてデビュー

この作品はその年「恋愛」をテーマに作った短歌集

俵万智さんが歌った歌に浅井慎平さんが写真を載せて作り上げられた
短歌集。

いいですねえ
今読んでもとても新鮮です
三十年も前に読まれた恋愛歌とはとても思えません。
恋の気持ちは、月日には関係ないって事ですよね

それにしても
みずみずしい感性
どんなアンテナ持っているんでしょうね
俵万智さん

アンテナの構造を調べてみたいものです

表紙に出ている

「いい恋をしていますか」という問いに迷いつつ思う君の横顔

ドキッとしますよね。

二週間先の約束嬉しくてそれまで会えないことを忘れる

もう、凄い発想です。

若い女の子なら、いやいや昔若かった女子でさえ
今読んでもおそらく胸がときめく歌が
ポコポコ出てくるはずです

歌の感受性は、読み手(作り手)の感性は当然としても
聞く側の感性も大切です

いくら響く歌を作っても聞く側にその(人生観)としての
バックボーンが無ければ響きません

読み手、受け取り手の感性がある程度、共鳴域のレベルにあり
共振した時言霊が現れるのです

やはりいい本です

時折読み返してみると、言霊のシャワーを全身に浴びることができ
もうフラフラになってしまいます

ああ・・・恋がしたいと(笑)

4月19日の思いつき

離脱

先を行く友
気が付けば見えない
はぐれたのか
森のフクロウが笑った
はぐれたのはお前だよ、と


蒼い唇

愉快愉快と君は笑うが
唇が蒼い
それでも君はくすくす笑う
瞳が白い
しかたないので暖炉にくべた

千里眼 The start の書評

 
表情から人の心を読み取る女主人公。綺麗で華奢で強いときてる。旧シリーズからの世界観をそのまま持ち込んでの新シーリーズ。最後のドンデン返し、さあ、あなたは気にいるかな・・・とまあ意気込んで書評書いてみたのですが・・・
うーん。これって新シリーズらしい。
発想はなかなか、女子の強いやつシリーズ、嫌いじゃない。
最後の土壇場でまさかの真犯人、でもさ初回からこれやられたら読者ひかない、ていうか私は引きましたよ。

テンポがいいんだからもう少し軟(やわ)な着地点見つけて犯人を仕立てたらよかったのに。
恋愛要素ズタボロ(笑)でも好きですよこの世界観は。
人の表情から本心を見抜いてしまうという発想は使えるもんな。

前シリーズの方が面白かったという評もあるが、さてじゃあ読むかと言えば首傾げるかも。
ほかに読みたい本沢山あるからこのシリーズは一時保留と(笑)

外国人が好む日本の本ベスト100

外国人が好む日本の作品ベスト100が出ていた

1. ねじまき鳥クロニクル村上春樹
   
2. ノルウェイの森村上春樹

3. 海辺のカフカ村上春樹

4. バトルロワイヤル/高見広春

5. OUT/桐野夏生

6. 世界の終りとハードボイルドワンダーランド/村上春樹

7. キッチン/吉本ばなな

8. アフターダーク村上春樹

9. 羊をめぐる冒険村上春樹

10. スプートニクの恋人村上春樹

11. 砂の女安部公房

12. 国境の南・太陽の西/村上春樹

13. ダンス・ダンス・ダンス村上春樹

14. グロテスク/桐野夏生

15. こころ/夏目漱石

16. 神の子どもたちはみな踊る村上春樹

17. 源氏物語紫式部

18. 雪国/川端康成

19. めくらやなぎと眠る女/村上春樹

20. リング/鈴木光司

21. 午後の曳航/三島由紀夫

22. 吾輩は猫である夏目漱石

23. 羅生門ほか17編/芥川龍之介

24. イン ザ・ミソスープ村上龍

25. コインロッカー・ベイビーズ村上龍

26. 枕草子清少納言

27. TUGUMI(つぐみ)/吉本ばなな

28. 金閣寺三島由紀夫

29. 仮面の告白三島由紀夫

30. 美しさと哀しみ/川端康成

31. 蛇にピアス金原ひとみ

32. 沈黙/遠藤周作

33. 千羽鶴川端康成

34. 白河夜船/吉本ばなな

35. リアルワールド/桐野夏生

36. 潮騒三島由紀夫

37. 個人的な体験/大江健三郎

38. アンダーグラウンド村上春樹

39. 象の消滅村上春樹

40. 芽むしり仔撃ち/大江健三郎

41. 細雪谷崎潤一郎

42. 人間失格太宰治

43. アムリタ/吉本ばなな

44. 破船/吉村昭

45. 仄暗い水の底から鈴木光司

46. 博士の愛した数式小川洋子

47. 限りなく透明に近いブルー村上龍

48. 斜陽/太宰治

49. 坊っちゃん夏目漱石

50. 万延元年のフットボール大江健三郎

51. 宮本武蔵吉川英治

52. 箱男安部公房

53. 黒い雨/井伏鱒二

54. 春の雪/三島由紀夫

55. オーディション/村上龍

56. 名人/川端康成

57. N・P/吉本ばなな

58. 1Q84 BOOK 1 /村上春樹

59. 禁色/三島由紀夫

60. 魔物の闇/リアン ハーン

61. 女坂/円地文子

62. とかげ/吉本ばなな

63. 風の歌を聴け村上春樹

64. 1Q84村上春樹

65. ループ/鈴木光司

66. 陰翳礼讃/谷崎潤一郎

67. 痴人の愛谷崎潤一郎

68. 野火/大岡昇平

69. Cloud of Sparrows/Takashi Matsuoka

70. GOTH/乙一

71. SHOGUNジェームズ・クラベル

72. 草枕夏目漱石

73. 奔馬三島由紀夫

74. とはずがたり後深草院二条

75. らせん/鈴木光司

76. 山の音/川端康成

77. 世界の終わりとハードボイルドワンダーランド/村上春樹

78. 紫式部日記紫式部

79. いま、会いにゆきます/市川拓司

80. 日本文学選集/ドナルド・キーン

81. 天人五衰三島由紀夫

82. 火車宮部みゆき

83. 暁の寺三島由紀夫

84. 掌の小説/川端康成

85. The Samurai's Garden/Gail Tsukiyama

86. 芸妓峰子の花いくさ/岩崎峰子

87. クロスファイア宮部みゆき

88. The Essential Haiku/ロバート・ハス

89. 深い河/遠藤周作

90. 雨月物語上田秋成

91. The 47 Ronin Story [ 忠臣蔵 ] /ジョン・アレン

92. 茶の本岡倉天心

93. 1973年のピンボール村上春樹

94. 雁/森鴎外

95. 浅草紅団/川端康成

96. ブレイブ・ストーリー宮部みゆき

97. 女面/円地文子

98. 侍/遠藤周作

99. みずうみ/川端康成

100. われらの狂気を生き延びる道を教えよ/大江健三郎

さすが村上春樹
凄いですよね

ベストスリー独占
しかもベストテン中7位までが村上作品

これはノーベル賞候補ににもなるはずだ

やっぱもう一度読み返してみようかな

村上春樹評

村上春樹の感想をアメブロに書いています

 

まあ

覗いてやってください

 

村上春樹先生評です

警覚策励(けいかくさくれい)

男の生きる目的は女を抱くことだと

そんな事を言う哲学者は多い

 

女の生きる目的は

死なないことだそうだ

 

男は女を守り、女の為に死んでいく

その男を女は本気で愛おしみ

本気で死にに行くのを止める

しかし、男が自分の為に死んでくれることも

悲しみと言う陶酔の快楽に変える事ができる女

 

女には男とは比べ物にならないほどの

感情の塊がある

 

男は女の盾となり

女の喜ぶ姿を見たいがために

死んでいく

その死にゆく男の姿に慈悲の瞳を

注ぐ女の正体は

もう人ではない・・・

そう・・

そう・・

 

神なんだろうな

 

結局

男の生きる目的は

神を抱くことなのだ

 

神を抱き、神に慰撫され、大地に戻る事こそ

男の本懐なのだと

 

軍服姿の

割腹姿の

三島由紀夫

イラストを見て

突然悟ってしまった

 

坊主よ今こそ

我に警覚策励(けいかくさくれい)

 

 

 

 

矛盾

生きるために私は食べる

食べるために私は捕らえる

捕らえるために私は仕掛ける

仕掛けるために私は思惟する

思惟するから文明が開ける

文明が開けば簡単に捕らえられる

簡単に捕らえられると簡単な殺戮の方法が必要になる

 

多くの人が食べるためには

多くの肉がいる

多くの肉には多くの命が必要

命を保つためには命の犠牲が必要

 

なんなんだ

この   矛盾

解明してみろ !!!

クジラの彼 読後感

有川浩
クジラの彼を読んだ。
短編集で6話載っている。
クジラの彼はその一作目
実は読むのは二度目。

有川浩を初めて読んだ作品がこれだ。
今回は二度目。

私は基本、本を二度読むことなどしない。
歴史小説は(好き)だから何度も、それこそ何十回も
読み返すが文学書、ハウツーものは一度で十分だ。
勿論読み返す本もある。
素敵と思う本は、やはり読み返してしまう。

で、クジラの彼。
まさしくべたべたの恋愛小説。
美男子な潜水艦乗りと、女の子の恋愛小説。
ホント、べたべた
でも、心にしみるんだよな。
何なんだ、この作者
物書きを目指す私を何度も奈落の底に突き落とす
無理だ無理、お前と私の才能は月とすっぽん

素人作家に作品書かすのやめさせたいのなら
彼女の作品読ませればいい・・そんな気分にさせるのに
でも読んでしまう。

しかも二度も。

溜息だよな。
もう
溜息しかでませんよ、実際。

でもさあ
心洗われるよな実際。
えーーい、次の作品も読んじゃえ

何色だい?

くれてやる コノイノチ

どうとでも コノイノチ

好きにしろ コノイノチ

 

だから コノイノチ

だから コノイノチ

だから コノイノチ

 

ひとつだけ 聞いてくれ

 

真心  コノイノチ

まごころ コノイノチ

マゴコロ この命

 

君のマゴコロ

 

何色だい?

荒川洋治の文学観

大衆小説をよろこんで読むのは、純文学の文章の深い楽しみを知らないからだろう、とぼくはいとも単純に考えている。ほんものの文章の味を知らないので、話題性やストーリーだけに、たのしみを見るのだ。かわいそうに、とぼくは思う。いまはとても、こんなことは言えない。言ったら、ばかにされるだけだろう。
 大衆文学への人々見方は「進化」した。変わったのだ。

「本を読む前に」荒川洋治著より抜粋

 

荒川 洋治(あらかわ ようじ、1949年4月18日 - )は、日本の現代詩作家、随筆家である。愛知淑徳大学教授。本名の読みはひろはる。

 

ある講演会で彼が述べた講演を要約した話が載っていた。

--------------------------------

先生は、早稲田大学で教鞭をとられていますが、学生の95%は新聞を読まないとのことでした。また、教科書から詩が消えつつあることを嘆かれ、今の時代は、自分がとても大事で他人のことには興味がなく、「本」は他人が書いたものだから興味がもてないのだ、と話されていました。
今回の講演会の中で本のリストを配布され、そのリストのポイントは、詩や俳句・短歌も入れてあること。文学部を出た生徒は就職に不利な時代であるが、「文学は実学である」ともおっしゃられていました。すぐにわかる言葉だけを受け付けるのではなく、言葉の奥にあるものを見ようとすること、想像力を掻き立てる詩や俳句・短歌を大事にすること。また、働く現場や日本の歴史を描いた作品、こういったものを読み、考えることで実生活で役に立つ人間になれると力強く話されていました。
最後に、「これまで文学にはいっぱいいいものがあるのに、私たちは味わい尽くしていない」という言葉で締めくくられました。

------------------------------------------------------


いいことを仰る
文学に対する造詣が半端ない。
私ごときがとやかく言う事ではないのだが・・・

「今の時代は、自分がとても大事で他人のことには興味がなく、「本」は他人が書いたものだから興味がもてないのだ」

果たしてそうだろうか。
他人に興味のある人々の比率は私は昔も今もさほど変わらないと思っている。
優れた若者は私の周りにも沢山いる。
どうしようもない、ジジババもそれこそ沢山みかける。

人間の本質はなんら変わっていない。
思う側の偏見だと思う。

他人が書いたものだから興味が持てない、、などと認識していればそれはあまりに上から目線の言葉だと思う。
読まなくなったのを読者のせいにしちゃいけないと思う。

価値観多様な時代で「本を読む」ための時間を割いていいと思える本を書けなくなった、作家側にも責任の一端はないのか真摯に反省しないと、この先本はどんどんすたれていく。

 

今や作家もいい作品を書いているだけで、それでよしという時代ではなくなってきた。

勿論出版界全体の話ではあるのだが・・・

 

読書の醍醐味を知ってるだけに、私はそれが悲しい

すたれてほしくはないのだ 本を読む素敵な快楽の世界を

水仙

すいせん
花言葉 「うぬぼれ」
青年ナルシスは美しい。
その美貌は数多の女を引き付けた。
黙っていても女の方からナルシスに言い寄る

飽きた
つまらない
女はもういい
当然だ、俺が女に好かれるのは

ナルシスはいつしか溺れて行った。
己の美貌に、己自身も
それが結局己自身を愛すことができなくなる予兆とも知らず。

いつしかナルシスは多くの女性に愛されても
自分を愛すことができない男になっていた。

森の妖精エコーがナルシスに恋をした。
しかしナルシスは当たり前ように彼女に冷たくした。
それでも盲目に愛したエコーがナルシスのことばかり考えていて、
自分の役目を果たさなくなったので、とうとう女神ヘラの怒りをかった。

エコーは女神ヘラの呪いで、人の言葉の最後の部分しか話せなくなってしまった。
エコー、日本では「こだま」呼ばれている。

これを見ていた女神ネメシスが怒った。
エコーや他の女性を悲しませたナルシスこそが悪いと。

ネメシスはナルシスに呪いをかけた。
人を愛せないのなら自分を愛し続ければいいと


ナルシスは自分に恋する苦しみのあまりにやせ細り
とうとうスイセンの花になってしまった。

この物語から「うぬぼれ」の花言葉が生まれました。

水仙

花言葉は  「うぬぼれ」「自己愛」

水仙の花がゆらぐ山岳で大声で愛を叫べば
エコーがより響き、その愛は成就すると言われています

塩の街 読みました

塩の街

有川浩のデビュー作。
やっと読み終えました。

私嫉妬心が強すぎるのか大賞とった作家さんの本
殆ど読みません

同じ書き手としてやはり本能レベルで悔しいんでしょうね。

 

ケツノ穴の小さな人間なんです。

時が経ち、嫉妬心が治まると、やっと読めるようになるんです

 有川浩さんの作品もやっと読む気になったのですが

 

この作品は電撃ゲーム大賞受賞作品です。
なんだライトノベルかと思っちゃいけません

 

ライトノベル作家としてのデビューですが作品は中々どうして
純文学作品として出してもなんら遜色のない作品です。

本人曰く、大人のライトノベル作品があってもいいじゃないかと
そんな感覚で描いている作品ですから、そりゃレベル高いですよ

元々読書層を大人においてるんですから。

 

で、、この本

ある日塩の結晶がどこからか飛来し、人が塩になってしまう
そんな作品なんですが、実はこの作品
べたべたの恋愛小説なんです

泣かないことで有名な私が不覚にもこの本を読んで何度
うるうるしたことか・・・

 

人が塩になるのどうのこうのなど、実は何の関係もないのです
ただ背景を究極の状態に置きたかっただけ、作者の意図は
究極の恋愛論。

 

べたべたの恋愛論が、小説の底辺に、BGMのように流れ
読者を縛り付け、物語から離しません
そして突きつけてきます
甘っちょろい正義論 恋愛論を、直接的でなく粉雪のように
ふんわりと、それでいて気が付けば強烈なメッセージとして

 

鼻につき、嫌味に思え、とても読めるものじゃありません。
同じ話を並みの作家が書けば

それがこの有川浩の手にかかると、まるで魔法の粉を振りかけたように
心にずしん、ずしん、と、強烈に、鋼のように何度も何度も
揺り戻し、突き刺さり、心に響くんです。

 

とにかく騙されたと思って読んで見て下さい
心洗われるはずです

特に最近心が薄汚れてきたと自覚症状ある大人には

特効薬にもなるはずです

純真な心って、なんだったかと

 

超、超、度超おすすめの作品です

小説作法

「小説作法」に類するものを何度か求められたのだが、いつもお断りしてきた。小説とは何をどのように書いてもよい文章芸術の唯一のジャンルである、だから作法など不要、というのが筆者の持論だったからだ。”
 
さすが筒井先生
仰る通り
でも・・・
もう少しぐらい優しい本音を
教えてくださってもいいのに・・・・(汗)