読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

イブ

今年も仕事で会社でイブを過ごすことになりそうだ

 

まあ

どのみち自宅でも一人きりのイブではあるのだが

 

考えようによっては

寂しいのかもしれないが

そんなことはちっとも思わないで今日まで来たのだが

 

ふと突然

一陣風が通り過ぎた

 

虚しさの匂いを引き連れて

 

モニターから目を離す

 

見慣れた仲間たちの姿が目に入るが

そいつらの上にも、どよんだ空気が漂っている

しまった!

 

 見えてしまった

見えてしまった

 

見ないように意識していた

孤独の神様の存在を

 

虚無の心に、溶け込むように入り込んできた

孤独の神様

 

ああ

 

明日はイブなんだ

世間は

 

なぜか小さな部屋で楽し気にケーキを切る

家族の姿がシルエットで浮かぶ

 

イブなんだ

 

そうイブなんだ

 

なぜか

少し寂しい・・・

広告を非表示にする