fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

狂喜

しかしなんだな

疲れるだよな最近は

これを称して年と取ったと言うんだろうが

 

自分より年上の人が

ほんの少しだけ上の人も

亡くなってくいく

気が付けば私が最先端の年寄りになってしまうのも

多分

あっというまだろうな

 

崖から落ちる沢山の鼠たち

まだまだ後方にいたと思っていたが

気が付けば海の香がし

なんてことないそろそろ地平線が見え出してきた。

崖の最先端も、もうまもなくかも

 

いくらあがこうが

死は順番

やがて番が回ってくる

 

あ、思い出した

普通で無い人は生きてる価値が無いと

殺しまくった男がいたが

あいつは外見を見て、それとわかる人を殺していたが

あれは間違ってるよな

見た目は普通だけど中身が狂ってるやつは

沢山いるぞ

 

その一人がここにいるもん

私を殺しに来れば良かったんだ

そうしたら  そうしたら

私が喰べてあげたのに

 

キミノイノチヲ

 

19ニンノイノチヲクラッタ

キサマノイノチヲ

 

そして剥してあげたのに

弱さの象徴

入れ墨という皮を

 

 

 

ああ しんど

崖の縁がまじかと思っていたが

それでもまだまだ距離はありそう

 

正気でいられるかなあ

あの崖から落ちられる日まで

 

わたしは

 

 

 

↓↓↓↓ 宣伝です(ぺこり)↓↓↓↓

 

小説家になろう で・・・

長編連載小説 グール物語(題名を変え 救世主なのに気づかない乙女達のララバイ・・・決してグロイお話ではありません。栗原千秋を主人公にした仲間の絆を描いたヒューマンファンタジーです)を毎週金曜日8時に更新しています

 

アメブロ で・・・

恋のお話に関する記事と長編連載小説「ゆいが落ちた日」(あっと驚くSF小説にしようと思っていますが今は探偵小説みたいな感じで進んでいます)を毎日交互に更新しています


        応援してくださいね  (*´∀`*)

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする