fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

察しのいい女 (短編)

f:id:fuura0925:20150826122626j:plain

言わしてもらうけど、変じゃない。

ねっ・・お願いだから、もう少し考えて話してくれる。
私は察しがいい女だから。

この間、あなたは沙織が北村君の事を好きだと言ったわね。
沙織は美人だから、スポーツ万能の北村君とはお似合いだと言ってたわね。
そうよ。その通りだわ。あなたの言う通りだわ。

でもね・・私はおかしいと思うの。
私がひっかかるところは、そこじゃないの。
どうしてあなたは、沙織が北村君の事を好きだと知ってるの。
どこで聞いたの。いつ、どこで。

あなたは、確かに言ったわね。
沙織が北村君が好きだと・・そう言ってたと。
ねえ、どこで聞いたの。沙織から。

沙織はあなたも知ってるでしょ。
美人だけど、少しお高くとまった女よ。
「ううん」私は友達なんかじゃない。
仲がいい程度の、ただの「し・り・あ・い」。
正直に言うわ・・むしろ嫌いな部類。

沙織が誰を好きになろうと、そんな事はどうでもいいの。
私には関係ないわ。
気がかりなのは、どうしてあなたが沙織の気持ちがわかるかってこと。

二人きりで、どこかでお話ししたの。
あなたも言ってたじゃないの。
沙織みたいな女は苦手だって。
それがなに・・いきなり、沙織の話なんかして。

唐突じゃないの。不自然すぎない。
北村君の話から、なぜ、沙織が出てくるの。
それともなに・・あたしの口から沙織の事を聞こうとしてるの。

それに私見てしまったの。
あなたが沙織と口走る、その時の瞳の輝きを。
普通じゃないわ。
どうしてそんなにうれしそうに「沙織」て呼べるの。

おかしすぎる。
絶対変。

あなたひょっとして沙織のこと好きなんじゃないの。
いいわよ・・どうぞご自由に。
私はなんとも思わないから。
あなたが好きなようにしたらいいわ。

そりゃ私は沙織みたいに美人じゃないかもしれない。
だからって、それがなんなのよ。

遠まわしに沙織の事を聞く男なんて、最低。
私の方から、別れてあげる。
それでいいんでしょ。

なに、その目、そんなにうれしいの。
私と別れる事が嬉しいの・・それとも沙織と
付き合える事が嬉しいの・・

ひょっとしてあなた、もう、沙織と付き合っているんじゃないの。

なによ・・もういい・・嫌い
あなたなんか、、大嫌い。

男は唖然として、突然泣き出し走り去った女を見ていた。

待ち合わせに10分遅れただけじゃないか。
それがなんだ、いきなり睨みつけると

べらべら・べらべらわけのわからないこと話し出し
あげ句に、薄ら涙なんか流して
「嫌い・・あなたなんか大嫌い」
と叫んで走り去ってしまった。

俺が何をしたというんだ。ちゃんと携帯で少し遅れる事は連絡したじゃないか。
それが、なんだ、いきなり・・・

たかが10分遅れただけじゃないか・・
一体どうしたというんだ・・・

沙織って誰なんだよう・・

    終わり

 

小説の館に戻る


小説 ブログランキングへ

広告を非表示にする