小説と詩を書く 大阪文学学校はオモロイヨー

大阪文学学校ってご存知ですか?詩と小説を語り合い、書き綴る学校です。文学に興味を持つ仲間達の梁山泊です

ca-pub-9247012416315181

文校ブログより抜粋

大阪文学学校生徒のfuura(ふうら)です。
大阪文学学校が楽しいものですから ボランティアで宣伝活動をすることにしました(笑)

 

文校ブログより抜粋

10月26日午後3時からは間仕切りボードをたたんで二つの教室を使い、今秋期最初の公開講座、昼・文章講座がありました。 講師は日野範之チューター。
作品提出20名(1名欠席)、新入生、通教部遠方組(香川など)や一般をふくめて参加29名。
日野チューターの文章作法についての講義(1時間)のあと、作者自身による提出作の朗読があり、それぞれについて作者と会話しながら日野チューターから寸評が加えられました。
5時50分までの講座のあと、希望者20名近くが残り、チャップリン映画の『スケート』と『替え玉』をビデオ鑑賞しました。7時前終了。

 

●次の公開講座は、10月28日(月)午後6時30分から、夜・詩の連続講座(講師;冨上チューター)です。詳しくは、『樹林』10月号(入学案内書)、秋期「学習の手引き」(作品提出先の講師の住所が記されています)や文校ホームページ等で確認してください。


作品を提出しなくても、参加できます。

 

●秋期の入学者がありました。
兵庫県尼崎市の女性が、通教部/詩・エッセイクラスへ。オンラインによる入学。申込書によると、好きな詩人は、寺山修司銀色夏生中原中也、だそうです。

 

(目次)大阪文学学校について知りたいこと全て教えます