小説と詩を書く 大阪文学学校はオモロイヨー

大阪文学学校ってご存知ですか?詩と小説を語り合い、書き綴る学校です。文学に興味を持つ仲間達の梁山泊です

ca-pub-9247012416315181

お一人様の再入学が決まりました。

大阪文学学校生徒のfuura(ふうら)です 。

大阪文学学校が楽しいものですから ボランティアで宣伝活動をすることにしました(笑)

 

 

25日の朝日新聞に“文校・秋期生募集”の記事が掲載されました。

朝日新聞・文化面に文校の“募集記事”の掲載していただきました。

 

入学もまた一人決まったそうです。

 

奈良県北葛城郡の女性(推定55歳)が今夕こられ

その場で入学申込書に年齢以外の必要事項を記載し

持参していた学費を支払われたそうです。

 

彼女は、さる19日夜におこなわれた松本チューター担当の“体験入学”に参加されていたとのこと。

2014年3月まで松本クラスに在籍されていて(ナント3年間ゼミに皆勤だったとか!)、最近頭のなかに文字がうまく入ってこなくなったので、再入学に踏みきったとのことでした。

 

大阪文学学校が忘れられなかったようです。

 

秋の入学は、春入学に比べ入学者が少ないので

皆さん是非、入学を考えてみてください。

 

物書きは、作品がどこかの文学賞に採り上げられることも

大事ですが、その間、同志と切磋琢磨しあうのも

醍醐味のひとつです。

 

孤独に書きかげるのは精神衛生上よくありません

ぜひ仲間と一緒に

小説家(詩人)を目指そうじゃありませんか

 

(目次)大阪文学学校について知りたいこと全て教えます