小説と詩を書く 大阪文学学校はオモロイヨー

大阪文学学校ってご存知ですか?詩と小説を語り合い、書き綴る学校です。文学に興味を持つ仲間達の梁山泊です

ca-pub-9247012416315181

樹林在特11月号の突き合わせ校正の実施

大阪文学学校生徒のfuura(ふうら)です 。

大阪文学学校が楽しいものですから ボランティアで宣伝活動をすることにしました(笑)

 

9/22に樹林在特11月号の突き合わせ校正の為

大阪文学学校に行った。

 

大阪文学学校は休みだから

事務局から鍵を借り、教室を開放。

 

突き合わせ校正とは

大阪文学学校の在校生が発行している同人誌の

掲載作品を、一作づつ、作者と校正委員が作品を突き合わせて

校正作業をします

 

詩4編

小説5編

エッセイ2編の

作者と校正委員が大阪文学学校に来て

校正作業をしてもらい、その原稿をもらい受けるのが

在特部のお役目

 

14時に開始、16時前に終了

台風の影響もあまりなく、無事終了できました

 

関係者で近くの喫茶店で慰労会

華々しい文学論といいたいところですが

噂話に花が咲きあっという間に時間が経過

 

私的にはまだ、集めた校正用原稿をまとめて

確認作業が残っている

 

f:id:fuura0925:20190922231940j:plain

編集作業

 

9月24日に印刷屋に原稿とデーターを渡すため

休日は一日つぶれそう

 

ここまでくれば

在特11月号の作業は峠を越したことになりますが

引き続き在特6月号の発行作業を開始しなければならない

 

編集作業と言うのは終わりがない

終わりと始まりが重なっているから

引き時がないのだ

 

つまり、やめるにやめられない

後継者を作って引き継がないと

永久にしなければならない

 

これは

好きでやっているとはいえ

結構時間を使う

 

勤め人には負担が大きい作業だ

いいながらもう、二年携わっている

貧乏暇なしが、超貧乏暇なしになってきた

 

ま、いいか

楽しいから

 

皆さーーーーん

大阪文学学校に来て

私と遊びませんか

 

大阪文学学校

体験入学は、まだ行われています。

興味のある人は体験入学に顔を出し

雰囲気を味わってください

 

体験入学は

 24日(火)夜のみ

27日(金)昼・夜

 を予定しています

昼の部は (14時~16時)

夜の部は(18時半~20時半)

に開催します。
事前の申し込みがなくても参加できますが

できれば予約の電話かメールをしてあげてください。

(どの日も無料です。遅れても、早退も自由です)

 

(目次)大阪文学学校について知りたいこと全て教えます

 

大阪文学学校HP