小説と詩を書く 大阪文学学校はオモロイヨー

大阪文学学校ってご存知ですか?詩と小説を語り合い、書き綴る学校です。文学に興味を持つ仲間達の梁山泊です

ca-pub-9247012416315181

第13回神戸エルマール文学賞 文校生受賞

「第13回神戸エルマール文学賞」の本賞に

桔梗第三さんと凪和さん

佳作賞に水無月うららさん。

の受賞が決まりました。

 

3人とも大阪文学学校修了生です。

「神戸エルマール文学賞」の主催者から

13回の受賞作が発表されました。
公式サイトに詳しく載っています。

 

◆本賞
「桜の絵を描く男」桔梗 第三(『飢餓祭』44号)

「省三」凪 和(『文の鳥』創刊号)

◆佳作賞
「空のあわいに」 水無月うらら(『ココドコ不定期号)

 

発刊された115誌(同一雑誌複数号を含む)から

(小説558+エッセイ等543=1101)

この作品中から、40誌109作品に絞り

さらにその中から7作品が最終候補にのこったのだそうです。


7作品のうち、上記の本賞・佳作賞の3作品以外の4作品も文校修了生および現文校生のものでした。

最終選考に残った作品が全て大阪文学校修了生の作品ということです。

 

この中で現在、文校生の作品は

『樹林』vol641(2018年6月号/在校生作品特集号)に載った松本元さん(通教部・安芸クラス)の「ポリドール池」でした。

なお、「ポリドール池」は今春、第39回大阪文学学校賞にも選ばれています。

 

神戸エルマール文学賞とは

日本の文学賞のひとつ。

関西地区の同人誌で活動する作家を対象に、優れた作品を選定・顕彰する。

“エルマール”はスペイン語で「海」の意。

神戸エルマール文学賞基金委員会が主催して、2009年に創設。

前身は「小島輝正文学賞」「神戸ナビール文学賞」。

 

樹林とは

大阪文学学校が発行している雑誌です。

雑誌は各出版社に送付しています。

 

皆さんも大阪文学学校

楽しく勉強してみませんか?

 

 

 (目次)大阪文学学校について知りたいこと全て教えます(目次)