小説と詩を書く 大阪文学学校はオモロイヨー

大阪文学学校ってご存知ですか?詩と小説を語り合い、書き綴る学校です。文学に興味を持つ仲間達の梁山泊です

ca-pub-9247012416315181

孤独の好きな 文学者たち

文学というか

小説家、あるいは詩人になりたいと思っている人は

意外とナイブーな人が多い

 

そもそも論だが

何かを表現したいと思う欲求は

ストレスがいびつに固まったマグマの

叫びだと思うから

過去になにかしらの(嫌な体験)があった人が多い

 

誤解を恐れずに、わかりやすく言えば

過去にトラウマを持った人が多い

 

ポジティブにふるまっていても

よくよく話を聞いてみれば

心の奥底に

黒くどろりとしたものを持っている

 

家庭環境も

愛情に満ち溢れた育てられ方を

した人は少ない

 

そんな人が文学と向き合い

そこで吐露する(書く)ことで

ものすごい作品が出来上がるわけだ

 

最初に語ったように

文学を志す人は孤独が好きだ

孤独になってしまう

 

しかしだからといって

孤独が本当に好きなわけではない

むしろ、語り合うことが好きな人が多い

 

ただ語り合う内容が特殊だ

 

孤独というテーマを、文学という物に形を変え

討論する

文学を語ってはいるが

実は孤独を語り合い、共有し合っているのだ

 

人間の本質は孤独にある

孤独を知るには

自由が必要だ

だからこそ自由を阻害するものに

立ち向かいたくなる

 

文学は

あるいは

芸術は、孤独を求めて旅する求道者に近い

求道者は自由を求めるあまり、己の立ち位置を忘れる

そして、簡単に

暗闇の中に落ち込んでしまう

 

だからこそ、仲間が必要なのだ

仲間がいなくては、真の孤独は見つけられない

 

孤独の本質を求めるため

是非

文校ブログ - 詩と小説 大阪文学学校

に入学することを

お勧めする

 

大阪文学学校のコンセプトはこうだ

こう考えたら見えないものが見えはじめる

ふつう、小説では虚構(フィクション)が、詩では暗喩(メタファ)が、構造の根底と考えられています。
つまり、小説や詩は、自分以外のどんな世界でも自由に生きることのできるジャンルです。
もう一回青春があったら、と50歳のあなたが思うなら、ハタチの主人公を登場させて作品世界で生きるがよい。

 

男のあなたが女になりたければ、それにふさわしいヒロインを登場させればよい。虚構とは、自分という限界をのりこえられるたった一つの魔法だ!


見えないものが見えはじめるとは、こういうことです。

そして見えないものを見ることで、自分を大きく育ててみませんか。 

それをたがいに刺激し合い、触発し合って、ともにやっていこうというのが<大阪文学学校>です。

 


学校というのは便宜上の名前、ほんとうは<心のオアシス><知的遊園地>あるいは<寺小屋><道場>などと名のったほうがよいのかも知れませんね。

 

 

もしあなたが

今、漠然と不安に感じるものがあるとしたら

それは、たぶん

この学校で仲間と語り合えば

見つける事が、出来るかもしれません

 

 

-------------------------------------------------------------   ┌─┬────┐ 

  │印│__ -_ │ 買うなら、   └─┴────┘      

『ハンコヤドットコム』で!

人印鑑から開業に必要な法人印鑑その他、スタンプ、名刺、 表札もお取り扱いしております。 たくさんの商品ラインアップをご用意してお待ちしております!!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35LY7H+1NJGCY+FBO+614CZ -----------------------------------------------------------