fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

無知は犯罪

小説を書く代わりに読書量が飛躍的に伸びた

読書会やら輪読会やら、その他色々

とにかく好き嫌いでなく読まざるを得ない本を

読んでいくうち不思議な事に気づき始めた

 

つながっているのだ

小説にしろ

啓発本にしろ

学問書にしろ

 

読み進んでいるとバラバラだった思想の点が

まるでパズルのピースがはまり込むように

時々ピタッとはまる事があるのだ

 

これは気分がいい

 

知識が増えたというだけでなく

思想が見えたというか

とにかく目からうろこ感覚

とても快感

 

その昔同期で出世街道駆け上がった友人に

仕事でミスった時に上司の立場として

言われた一言がある

 

知らないことはしかたがない

知ろうとしないことが問題なんだ

無知は犯罪だ

 

その時はムカついたが

その言葉が今突然よみがえって来た

確かにそうかも

遅すぎるが(笑)

 

確かに無知は犯罪だ

 

無知の犯罪は

自分が無知であることを自覚した時から発動される

知らなきゃ知る努力をしろ

 

確かにその通りだ