小説と詩を書く 大阪文学学校はオモロイヨー

大阪文学学校ってご存知ですか?詩と小説を語り合い、書き綴る学校です。文学に興味を持つ仲間達の梁山泊です

ca-pub-9247012416315181

心地よい杭の話

刺さった杭のあまりの柔らかさに

我ながら驚いた

何故刺さるんだ

この柔らかさで

 

触ってみればこの杭温い

それにすべすべしている

色もピンク

そんな杭に

私は刺さったのだ

 

抜こうとしたが

抜くのがためらわれる

第一なぜ抜く必要があるのだ

こんな心地よいというのに

 

しばらくさしたままでいよっと

なんの問題もないのだから

 

そのまま寝たら

翌日私は

私は

私は

 

怖くて言えない