小説と詩を書く 大阪文学学校はオモロイヨー

大阪文学学校ってご存知ですか?詩と小説を語り合い、書き綴る学校です。文学に興味を持つ仲間達の梁山泊です

ca-pub-9247012416315181

うそつき

ふざけるな!

テーブルを叩き彼は言った。

別にふざけてなんかいない

本当の事を言ったまでだ。

 

君は小心者で嘘つきだ

大法螺吹きのコンコンチキだ

 

彼の瞳は真っ赤に燃えている

私の言葉に怒ったのだろうが

それにしても赤すぎる

 

突然その瞳から炎が舞った。

炎は全身に舞い、やがて体中があぶられ始めた。

 

言ったろ

うそつきは燃えるって

燃えて全て焼き尽くされるって

 

でも私はこの話の結論を知らなかった

 

燃え尽きたうそつきは、やがて新しい宿主を探し

近くの(人)に寄生することを

 

何てことない

結局うそつきの彼が私になっただけじゃないか

今私の中にうそつきの彼と

もっとうそつきの私が混在している

 

いいじゃないか

結局

うそつきなんだから