読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

ぼやけた女にくすぐられた男の瞳に愛が宿る訳-9

小説

f:id:fuura0925:20151101141938j:plain

 

「わかった事がある」
「なにが?」

「君が・・いや、私の心がなぜこうも、ささくれ
 だってるかが」

「・・・」

「苛立ってる原因がさ」

「私は何も苛立ってはいないわ」

「じゃあ、怒っているかだ」

「怒ってもないわ」

「私は怒ってる」

 

シャワーの元栓を止めた。寒さは、心の中から冷える
冷気だけで十分だ。

元栓を止めると同時にシャワー室を静けさが襲った。

これはこれで、また身体を冷やすに十分な効果だった。

 

「私は、君が、飲み屋で知り合った男と簡単にホテル
 に行く女だと露ほども思っていない。」

沙希が私を見た。あの大人びた瞳だ。


「私とて、こんな経験は人生で初めてだ」
「で・・?」

「抱きあって正気になった後、私は後悔した」
「後悔?」

「手順を間違えた事にたいする後悔さ」

「手順・・」


「抱いた後、私はきづいたんだ。
 君を愛してる事に」


「・・・」


「だから、悔いたんだ。君への愛を確かめる前に
 抱き合ってしまったことを」

「ずいぶんめんどくさいことを言うのね」

 

←戻る  進む→