読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

ぼやけた女にくすぐられた男の瞳に愛が宿る訳-8

f:id:fuura0925:20151101141938j:plain

 


湯気が立ち昇っていない。
沙希は水のシャワーを浴びているのだ。

「なぜ、水なんだ」

「夢を流すには、水が最適なの」

「夢が流れきる前に、もう一度君を抱きたい」

「・・」

「君をもう一度抱きたいんだ」
「無理・・」

「どうしてだい」

私は無理やり沙希を抱きしめた。

ビクン、と沙希の身体が震えた。
いや震えたのは、水のシャワーに入った私だった
かもしれない。


「好きだ」

「言ったでしょ。ここに愛などないって」

「なければ、作ればいい」

「男の愛は、簡単に作れるけれど、女の愛は出来
 上がるのに時間がかかるの」

「時間は、いっぱいあるじゃないか」

「時間はないわ。もう日が昇る時間」

 

冷めたシャワーは確かに情熱を冷やす。

私の心も、次第に萎えて行った。

沙希に萎えたのではない。

水のシャワーで取り戻していった冷静さが私自身を
白けさせていったのだ。

   続く

 

←戻る   進む→