読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

ぼやけた女にくすぐられた男の瞳に愛が宿る訳-7

f:id:fuura0925:20151101141938j:plain

 

「信じないでしょうけど、こんな事初めてよ」
「こんなこと?」

「酒場で知り合った男と、ホテルでこんなこと
 する事よ」

沙希の唇が私に、軽く触れた。

そのまま、強い口づけをしようとしたが、いやいや
をするように顔を離すと

ニコリと笑った。


「帰らなきゃ」
「えっ・・」

「夢がさめたみたい」
「・・・」

「朝、男とホテルを出る姿、想像したくないの。
 私シャワー浴びてくるわ」


裸のまま、背なかをくねらせながら、沙希がシャワ
ー室に消えた。

私は、置いてきぼりを食らった子供のように、ただ
茫然と、沙希の後姿を見つめるしかなかった。


間が悪い。思いのかけらを、繋ぎ合わせよと努力する
私を、あざ笑うかのように沙希が、二人の間をぶちぶ
ちと切っていく。


何に怒っているのだ。
なにが気に入らないのだ。
何がそんなにいらつくのだ。


シャワー室から水滴の弾ける音が響く。
その勢いは、容赦なく今日の記憶を消していくように
感じる。

沙希は、二人の関係を洗い流すつもりなのか。


気がつくと私は立ち上がり、シャワー室に入り込んで
いた。

  続く

 

←戻る  進む→