fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

ぼやけた女にくすぐられた男の瞳に愛が宿る訳-3

f:id:fuura0925:20151101141938j:plain

 

思いついたように煙草を吸おうと手に取ったが、
そのまま下に落としてしまった。

「あんた、いい人ね」

「・・・」


そう笑うと、女は、ベットの隅に投げ捨ててあった
バスタオルを掻き寄せると、器用に胸にまいた。


「目の保養はこのくらいの時間が丁度なの」


30は過ぎているだろう。
そう値踏みした私だが自信はない。

見つめる瞳の目力は、もっと大人びて見える。

「で、何考えてたの」
「えっ」

「あたしとセックスした後、ぼんやりと何考えて
 たかと聞いてんのよ」


丁度私が(落ちた時)の事を言ってるのだろう。

「宇宙の神秘」

咄嗟に出た言葉に私自身が驚いた。
宇宙の事などかけらも思ってはいない。

吸いこまれそうな女の瞳を見つめていたら思わず
でた言葉だ。

「宇宙?」

「ああ・君のその素敵なプロポーションと宇宙の
 神秘について考えていたんだ」

「それ、ほめ言葉?」
「勿論」

「意味わかんないけど、ありがとう」


女は「コロコロ」と笑った。

鎖骨あたりが、小気味よく跳ねている。

 

居酒屋の光景がよみがえった。
肩を抱き合い、お互いを名乗り合う楽しげな私達。


そうか・・・突然記憶が蘇った。

     続く

 

←戻る   進む→