読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

ぼやけた女にくすぐられた男の瞳に愛が宿るー2

小説

f:id:fuura0925:20151101141938j:plain

 

「何考えてたの」
「ん・・」

「あたしが寝てるふりしてた時」
「寝てなかったのか」

「怖い顔してたから、寝たふりしてたの」
「怖い顔なんかしてないさ」

「じゃ、面白い顔に訂正してあげる」
「おもしろいことを言う人だ」

「ねぇ・・私の名前覚えてないんでしょう」
「・・・」

「あたりね。私は覚えてるわよ。あんたの名前」
「・・・」

「きじま・・でしょ」

私の名前は舘、木島は同僚の名。偽名を名乗る時よく使う
名前だ。
どうやら咄嗟に偽名を名乗ったらしい。

「偽名でしょう」

女が面白そうに笑った。

そのあと咳こみ、鼻を鳴らすと煙草を又飲んだ。

ひとつひとつの動作が、コケットで愛くるしい。
生まれ持った特徴なんだろう。

今までに付き合ったことのないタイプの女だ。

 

「ふふ・・嘘つけない人ね。」
「舘・・たちだ」


ぶっきらぼうに名乗る私を見つめながら、女は大きく伸びを
した。


やにわに、ベットから立ち上がると、そのまま胡坐をかいた。
裸のままだ。


私はあわてて視線を大きな乳房に移した。
その乳房を見つめる自分に、照れ、女の顔を見た。


おかしそうに女が私を見つめている。

     続く

 

←戻る   進む→