読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

【小説】 赤い携帯 その1 及川と薫先輩 

 

f:id:fuura0925:20150923154042j:plain

休憩室で缶コーヒーを飲みながら、赤い携帯をいじってる薫に

 「どうしても今日は駄目なんですか?」

 及川がすり寄っててきた。

 

薫がいじる、赤い携帯に目を向けたが、さも、見てないふり
をして、薫の横に座った。

 「そんなに、くっつくな!」

 薫が、大げさに横にずれると、及川の顔が崩れた。

泣きそうな顔だ。


男もまさりの薫は、男の涙は大嫌いだ。
しかし、及川の泣き顔には、弱い。

及川の芯の強さを知っているし、おいそれと泣かない男である
ことも知っている。

泣き顔を見せるのは、薫にだけだ。
ちゃんと計算している。
その計算が憎めないから、よけいに困る。
その、薫の弱みを、及川は今日も突いてきたのだ。

気持ち、薫の方に膝を詰めると、缶コーヒーを一気にあおり緊張した
顔で、及川が又言った。

 「今日会ってください。」

「今会ってるじゃないの」

 と言っても、ぜひ、薫の家で会いたいと、しつこくせがんでくる。

及川は気のいい男だ。
薫より5つも若い。
可愛い後輩だ。
嫌いではない。
母性本能とでもいうか・・本当は、薫の心もくすぐられっぱなしだ。

 

吸いこまれそうな笑顔で頼まれると、つい決心がぐらつくが、

さすがに今日はダメだ。

大切な儀式がある。

5年も待ったんだ。
今日だけは、どうしてもダメだ。

 「じゃあ・・こうしましょ。よくなる時間教えてください。

いつでもいいんです。とにかく今日お話したいんです」

 いつになくしつこい。

及川がこんなに強引に頼んでくるのだからよほど急用なのだろう。

さては・・私に惚れたな・・と毎度の冗談の一つでも言おうとした
が、どう見ても今日の及川には似合いそうにないジョークだ。

 「でもわからないの。いつになるか」

 そんな素振りは露もみせず、冷たく言い放つと

 「恋人と会われるんですよね、今日」

 探るような目で及川が薫を覗いてきた。

 

手に持った赤い携帯を揺らしながら、薫は驚いて及川を見返した。
下から、ぬぼーーと現れた及川の顔は、真剣そのものだ。

 

いつもと違う・・感が、妙に薫をうろたえさせた。
というより、覗きこむ及川の髪が丁度薫の鼻に近づき、その及川の
匂いに驚いたのだ。

男の臭いだ。

 

薫は慌てて視線を外した。
一瞬、微妙な空気が流れた。
陽炎の空気だ。

及川の香りに引きつられるように、勝也の影が、頭をよぎった。

 「恋人・・?」

 およそ、及川らしからぬ発言だ。

おかしいぞ・・粘り強いだけじゃなく、妙に生臭い。
男の香りをぷんぷん匂わせて迫ってくる。
なんなんだ、こいつは。

 

薫が睨みつけると、及川は急に気弱になり、しぼんでしまいそうな
ぐらい、小さくなってしまった。

 

いつもこれだ。
いいところまでは、強気でくるのだが、薫が一言言うと、直ぐ退散
してしまう。

 

及川とは、もう5年来の付き合いだ。
仕事上の先輩、後輩ではあるが・・。

恋愛感情など、もちろんない。
と、薫は思っている。
いや、実際無い。

 

先輩と後輩だ。
仕事仲間だ。
自分は五つも年上の先輩なんだから。
恋愛感情など、あろうはずがない。

 

そんな及川が、薫の異性関係を聞いてきたのだからびっくりだ。

今まで一度だって聞いてきたことはない。
いや・・あったか・・
・・たぶんない。

 

急に悪戯心が芽生え、思わず

 「恋人・・かもね」

 と答えてやった。

及川が、目を剥いたようにも見えたが、気のせいか。

 

しかし話し自体は、まんざら嘘ではない。
恋人はいる。
いや・・いた・・か。
いいや・・まだいる状態だ。

 その恋人を、5年待った。

今日がその色恋の決算だ。

今日こそ、あいつに最後通告をしてやるんだ。
今日はその為の、最後の儀式の日だ。
たとえ、かわいい後輩の頼みといえど、今日だけは聞いてあげるわ
けにはいかない。

 「1時間・・いえ10分でいいんです。僕に時間をください」

「別に今日でなくったっていいでしょ」

「いえ・・今日でなきゃだめなんです」

「おかしな子ね。今日でなきゃダメな用事なんてそうあるわけない
 でしょ」

「よく言いますよ。先輩だって今日でなきゃダメなんでしょ。その
 用事」

 薫は及川を見た。

屁理屈をこねる奴だ・・。

今日は妙にしつこい。
よほど、重大な用事なのだろう。

ひょっとして仕事の相談かも・・
やはり、ここは・・

グラリと決心が揺らぐが
いや、いや・・やはりダメだ。

 

儀式なんだから。
5年目の大切な約束なんだから。
・・・大きくため息をつき考えてみた。

 

儀式の後、やはり一人だけの時間を持ちたい。
でも・・及川だ・・真剣だぞ・・
会ってやるか・・
いやいやダメだ
第一、儀式の後そのまま、及川と会えるだろうか・・
無理だ・・
絶対ダメだ。

 

しかし・・確かに、この男といると心が休まる。
快適だ。
少しぐらいいいか・・

いや・・無理だ。
儀式の後、泣いてしまうかもしれない。

きっと・・絶対・・必ず私は泣いてしまうに違いない。

泣くために儀式をするんだから。

 

涙の跡を、及川なんかに見られたくない。
一生の恥だ。
こいつにだけは、見られたくない。

なんにしても、一人でいたいんだ・・

そう思って口から出た言葉が

 「じゃあ・・22時に電話頂戴。」

 ・・では、自分でもびっくりだ。

これでは、自分で自分を怒るしかない。
呆れてものも言えない。

 「ダメ」

 と言おうとしたのだが、及川の泣きそうな瞳に見つめられたら、ま

るで呪文にかけられたように、会うと言ってしまった。

及川が

 「やった!!」

 と小さくガッツポーズをするのを見たら、いよいよ何も言えなくな

ってしまった。

苦笑するしかない。

しかたがない。
儀式は22時までに終わらせるしかない。

どうせ、かかってはこないのだから・・・。

                   続く

その2→

広告を非表示にする