読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

サイト小説家になろうで有名になるにはどうしたいいのか、の研究

サイト小説家になろの研究

f:id:fuura0925:20150910002535j:plain

ごめんなさい

書いてた記事が全て消えちゃいました

結構ショックです

 

気分がおさまったらまた、書き直します

許されよ

編集をいじりすぎると記事消えちゃうことありますからみなさんもキオつけてくださいね(泣)

で気を取り直して書きはじめます。

小説家になろうの説明をするならまずは書かないと意味有りませんね。小説家になるにはまず、書いてなんぼの世界ですから。

書く前にサイトに登録するのですが、まあそれは登録済みという前提でお話しますから、書く前にまずはサイト案内を熟読してください。

 

さていよいよ小説を書きますが、書き方はいたってシンプル。

投稿までの流れはここを参照してください

そうそうその前に基本的な書き方に触れておきます。

少し特殊な例ですが敢えてここなんか読むのもいいかも

注意点 : 小説家になるには書き方を学ぶ必要はない|ラノベはキャラを動かすだけ

 

さていよいよ書きはじめるわけですが、、

とっ、私ももう何年もこのサイトで書いていないので実は書き方すっかり忘れていました(笑)

この際だからこのサイトに今から書いてみましょうかね。

うーーんと。

昔書いた作品は腐るほど(ホントに腐るほどありますが)ありますがここはやはり新作、書いてみないと顔向けできませんよね。

 

で、、で、、で、、

私も書きますから皆さんもさあ書いてくださいよ(笑)

 

で、今一ページ分書いてきました。

僕が大好きなカツヒラの物語、、て題名にしました。

投稿はまだしてません。

連載にするつもりなのだが、その連載の仕方がわからない。

投稿時にその区分けがあったような、なかったような。

まだ投稿するわけにはいきません。

だってどう書いて、どう結論に持っていくのか全く考えず

ただ書いただけですから、もう少し構想を練ってから、投稿はするつもりですが・・

ちなみに連載小説の投稿の仕方はこうなっています。 

 

で今日小説を投稿しました。2015/9/14

僕が大好きなカツヒラの物語。短編ですが短編にしては長いので連載にしました。

やはり投稿する前に各設定の項目がありました。

まあ普通に選択及び記入していけばさほど問題になるような箇所はありませんでした。

 

この作品を参考に小説家になろうで有名になるにはどうしたらいいのか考えていきたいと思っています。

ところで何気に投稿したのですが、やはりこれ投稿するに最適な時間ってありますよね。

一体何時なんでしょうかね

ざっと調べてみたら(平日は12〜13時、17〜19時、0時〜1時ぐらいです。 休日は平日のものに8〜9時を足した感じです。)となっていましたが、

私の場合少し遅すぎたのかな(笑)

 

とりあえずツイッターでも流しておきましたから、どれぐらいの読者が読んでくれるかは楽しみですね。

もっとも数年前投稿した時は、確か読んでもらえ無かったのがほとんどなので、まずはゼロを予想しておくのが、私にかぎらず投稿者の心得として持っててください。

さもないとショックが凄いですからね(笑)

で本日9/16第二話アップ

そうそう連載とか新規とかなろうで小説発表する時必ず他のエディッタなりワードなりで書いてからコピペするのを勧めます。

あのサイトで直接書いていると、突然落ちてすべてがパーになります。私も半分ほど書いて落ちてすべて消えちゃいましたから、そのショックたるや、、まあ、別のとこで下書きしてコピペこれにかぎります。連載の時は特に注意です。

記事は別のワードなりエクセルなどで書いてコピペ、これはもう厳守です。

で、二話までのPV数がこれです(これ発表していいのかな?)

f:id:fuura0925:20150916211523p:plain

 

 

ところで今更ですがPVとかユニークとか解析の専門用語ややこしいですね。

詳しい説明はここを見てください。

http://iwac.jp/article20140221/

この数字が多いのか少ないのか今のところ私にはさっぱりわかりませんが文学での登録はこのサイトでは逆風ですからPV伸びないと思ます(汗)やはり勇者、魔法、冒険ものがいいのでしょうが、さすがに書けませんよね頭の固い私には(笑)

 まあこの数字が文学あるいは私小説のモデルケースだと(上から目線ですみません)思ってみておいてください。

さて私の推定だけではなんなんで、同じようにこの事をなろうの小説としてアップしている人がいるからその記事もみてください。

次回投稿しても30PVしか見てもらえないなら

 これを見れば上記の私の数字もまあまあ、常識の範疇だと思えますよね。

 この作者さんのエッセイは中々研究されてますから小説家になろうで有名になる為には読んでおいて損は無いと思いますよ

いかぽんさん

 

さて今日は 10/6 投函してすでに13話 最終章まで後少し

途中報告をしときたいと思います

現在までの数が

f:id:fuura0925:20151007152723p:plain

累計で上記の数になっています。

この数が多いのか少ないのかはわかりませんが扱ってる作品が

小説家になろうではあまりヒットしない作品で有ることを考えれば

まあまあじゃないかと(笑)

 

やはり更新しないと読んでいただけないと言う結果が如実に出ています。

これは短編でもとにかく出し続けるしか読んでいただける回数が増えない、別の考えかたをすれば、連載の方がいいのではないかと、そんな結果が出ていますよね。

 

もう少ししたらこの作品の連載も終わりますから、次は、小説家になろうのサイトにすり寄った作品を、それも連載で書いてみようと思っています。

それによってPV数がどう変わるか、自分でも楽しみです。

後、別ブログにも投稿してどう差があるかもみてみたいところですが

やはり作品によってPV数は当然変わってきますから、別サイトにはそのサイトにあった作品を投稿しようとおもっています。

小説家になろう、やはり閲覧者数が多いと言うことは、当たれば必ず(作家)への道が開いていることは間違いなさそうですから、小説家に本気でなろうと思ってる人は、このサイトに投稿し力を試してみるのは決してマイナスにはならないと思っています。

 

時間がとれれば、小説家になろう以外のサイトの調査もしてみたいと思っていますが、このサイトの研究は始まったばかりです。

まだまだ調べることは沢山ありますもんね

 

さて10/8で小説僕が大好きなカツヒラの物語が終了しました。

そのPV数が下記の通りです

f:id:fuura0925:20151012165701p:plain

ちなみに小説家になろうのサイトで書いた自分の小説の順位を調べたい場合は

で、日間、週間、月間、四半期、年間、累計の
300位以内を調べることができます。

http://yomou.syosetu.com/rank/genretop/
こちらは、ジャンル別の日間、週間、月間、四半期、年間
100位。

あと、総合2000位以内だったら外部サイトになりますが、
http://fujitaka.ukauka.net/prg/index/Narou2000/

で確認できます(最低必要ポイント7389)
これは、小説家になろうの検索で、キーワードを空白にしたときの順位です。

ちなみに、なぜ2000位内しか検索できないかというと、
検索結果が2001以上検索できないからです。

小技として、
除外ワードに、「無職転生」と入れたら、1位が除外され、2001位まで表示されます。他にも、長期掲載していない作品を除いた作品なら、4500ポイント程度あれば2000位以内は表示されるかな。
ジャンル別ならば、一番人気のあるファンタジーでも3800ポイントあれば2000位以内なら表示されるはずです。

アバウトな順位推定でしたら

参考URL:http://narou.dip.jp/rank/

トップページの右側下あたりに、関連サイトという項目があります。


そこに、なろうデベロッパー利用サイトというので、めい様が運営する
小説家になろう~更新情報というのがあって、リンクが貼ってあります。

そこから飛ぶと緑色の背景のサイトに移動します。そこの右側上に検索窓があるので
そこに、ご自身の小説のタイトルを入れると、現在のランクが勝手にランキング、ジャンル別、と
2種類検索することができます。

 大雑把に現在の自分のランクがわかります。
ランキングタグの設置方法も、簡単なマニュアルに記載されています。

そこでの、この小説の評価は  IN:0pt OUT:13pt
ランク外の順位です(泣)
 
この小説家になろうのサイトで、とりあえず、上位に入ることが如何に難しいかお分かりいただけたと思います。
 
自分の書いた作品の評価を見たい場合は
まず マイページをクリック 作品一覧が出ますからその右端の(小説情報)をクリックすると下の方に表示されます。

f:id:fuura0925:20151012174309p:plain

評価方法については ここを 参照してください。

ちなみに私の場合総合評価が62ですからこれを参照に順位にあたりをつけて調べれ大体何位くらいかわかると言うことです。