小説と詩を書く 大阪文学学校はオモロイヨー

大阪文学学校ってご存知ですか?詩と小説を語り合い、書き綴る学校です。文学に興味を持つ仲間達の梁山泊です

ca-pub-9247012416315181

私が 私に

f:id:fuura0925:20150826010730j:plain

目に手をやると濡れていた

涙かと思ったが涙のでる理由が無い

ごしごしこすってその手を見てみると

真っ赤だ

 

 

が目からしたたり落ちていたんだ

なら腑に落ちる

これは腐った私の蜜だからだ

 

蜜の血

お前は美味しいと言っていつもなめていた

舐めて嘗めて舐めきっていた

この私を

 

だから刺したんだ

ブスブス、ブスブス

何度も何度も 何度も何度も

 

で、喰らってやった

お前のまるごとを

 

そうしたらわかったことがある

喰らっていたのが私の心だったことを

 

目から

腑に落ちるはずだ

私から逃げようとするお前なんだから

 

逃がしてたまるか

逃がしてしまったら私は空っぽになってしまう

 

空っぽになったら

どうなるんだろ、

手に着いたお前だか私だかわからぬ

赤い色に聞いてみたら

 

手がぬうと口開けて私を飲み込んだ

あはは

飲み込まれちまった

 

私が、私に

 

 

 

詩の館に戻る

 


小説 ブログランキングへ