fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

小説  胸元のほくろ  短編

胸元のほくろ

                   fuura

f:id:fuura0925:20150826125151j:plain

「おい、掃除機,いつかけた?」

「昨日」

 

ソファーにねころび、お煎餅をかじりながら、そのままの姿勢で、無愛想に答えてやった。

 

「今日はかけてないんだな」

 

会社から帰宅するなり、そう言い放つといきなり掃除機をかけだす主人。

ガーガービービー、うるさい音だ。

いつものことだ。
気にしてたら一緒に暮らせない 

耳元で、掃除機の音がいよいよ大きくなる。

掃除機の音が

 

「俺は不機嫌だ・俺は不機嫌だ」

 

と聞こえてくるのは気のせいか。

掃除機をかけ終わると、ぐるっと部屋を見渡す。

 

「なあ、使ったものは元の位置に戻さないと、どんどん部屋がちらか
 るぞ」

 

そう言って、さっき私が子供と紙切りをして遊んでいたはさみを、おもむろに引出しに直す。

 

「今かたづけようと思ったのに」
「今、今って、かたづけた、ためしがないだろが」

私が黙ってるのをいいことに夫はますます増長する。

 

「だからB型の女は嫌なんだ。由香の血液型は調べたか、お前と同じB型だったら嫁のもらいてがない ぞ、、」

 

自分の子供の血液型くらい知っとけ、この馬鹿!

と腹の中で吐き捨てるが顔はにこやかに。

 

夫のきれい好きは異常だ。

毎日、掃除をしないと気がすまないし、本棚やテレビのホコリはもちろん、カーテンレールのホコリまでチェックするのだ。

 

そして最悪なのが、あまり掃除をしない私をチクチクいじめるのが一番好きなのだ。

最悪。
Sっ気たっぷりの男だ。

じゃあ、、なぜ別れないかって。

まさか。
ふふ・・もったいない。

 

潔癖症さえ我慢すればあとは結構いい旦那。

それに私の嫌いな掃除、小言さえがまんすれば、結局主人がやってくれるわけだし、第一、ほっといても家の中が勝手にかたづくなんて、楽じゃない。

動く掃除機よ。
しかも喋るんだもの。素敵だと思わない。

・・・・・
・・・・・


たまたま飲み会で同じになった、とても小粋な女性が、笑いながら話してくれた、潔癖症の旦那の話だ。

同じ席にいた女性達が皆引いたのをおかしそうに眺めながら、その女性は余裕たっぷりに言い放った。

 

「金運んでくる掃除機見つけたと思えばラッキーでしょ。時々おもちゃの代わりにもなるし・・うふふ」

 

なんとまあ、、色っぽい含み笑い。

ゾクッとするじゃないか。

大した女傑だ。

綺麗だし、落ち着きあるし、なんといっても、しとやかだ。

 

しかし・・なんだ。
ものも考えようだ。

動く掃除機ね・・

そこまで言われてりゃ旦那も本望だろうよ。


そう・・思いながらも深く割れた、女性の胸元に視線が、釘づけの私。

拒むでもなく、誘うわけでもなく、妙に色っぽいこの女性。

誰だったっけ。

 

向こうは私を知ってるらしいが・・おいおい

いくら考えても思い出せない。


もったいないくらい、艶っぽい。
冗談じゃない。

 

ここで思い出さねば、金運ぶ掃除機のもとにかえってしまう。

だれだっけ・・

うーーん

だれだっけ

 

あ・・またこっち見た。

おいおい、誘ってるよ、彼女・・

誰だけっ・・

 

お・・あのほくろ。

あの胸元の左乳房に隠れた・・

あのほくろ・・

 

思いだした。

やった・・
思いだしたぞ。


ほくろだ。
あのほくろだ。

 

下の階に住んでる、名前は知らないが・・あの奥さんだ。

間違いない。

あのほくろは、、絶対そうだ。

 

なんか、急に人生楽しくなってきたなあ・・

 

コップ片手にほくろ奥さんに向かうのは、私のせいじゃない。

勝手に、足が動いていくのだ。

ほらな・・

勝手に。

 

ほんと・・
ほくろは・・罪作りだよな。

まったく・・もって。

 

    終わり

 

小説の館トップページに戻る


小説 ブログランキングへ

広告を非表示にする