読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

マルドゥックースクランブル 圧縮を読んで

嫌いだ、苦しい、嫌だ、読みたくない正直何度思った事か。世界観は良い。文章の練りも、スピードも語彙の豊富さも、何もかもが一級品だ。しかし正直読んでて(反吐)が出る。 署名な読書家が生涯ベストおすすめ本100冊の中に入れた本だ。反吐を出すだけで選…

9割の病気は自分で治せる を読んで

私は過去あまり病気をしたことが無い親に感謝しなければいけないのだろうがはてさて、首をひねる親は自分の血の中にあるDNAを私にくれただけ。 そもそも論として好きなナニをして、挙句に私ができさあ始末に負えないぞ・・どうしよう、やばい、親族会議堕…

米澤穂信著 氷菓の感想です

何てことない書き出し、イヤ少し硬さがあるか妙な言い回しも気になりあれ?外れか・・と思いきや、イヤイヤまさかの当たり本。 読書会で紹介され、私が育った岐阜出身の作家さんと聞き、読んでみようと思ったのが動機 面倒くさがりの高校男子と、清楚な女子…

「とれたての短歌です」 再読してみました

御存じ俵万智さんの短歌集 「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日 で一躍歌人としてデビュー この作品はその年「恋愛」をテーマに作った短歌集 俵万智さんが歌った歌に浅井慎平さんが写真を載せて作り上げられた短歌集。 いいですねえ今…

4月19日の思いつき

離脱 先を行く友気が付けば見えないはぐれたのか森のフクロウが笑ったはぐれたのはお前だよ、と 蒼い唇 愉快愉快と君は笑うが唇が蒼いそれでも君はくすくす笑う瞳が白いしかたないので暖炉にくべた

千里眼 The start の書評

表情から人の心を読み取る女主人公。綺麗で華奢で強いときてる。旧シリーズからの世界観をそのまま持ち込んでの新シーリーズ。最後のドンデン返し、さあ、あなたは気にいるかな・・・とまあ意気込んで書評書いてみたのですが・・・ うーん。これって新シリー…

外国人が好む日本の本ベスト100

外国人が好む日本の作品ベスト100が出ていた 1. ねじまき鳥クロニクル/村上春樹 2. ノルウェイの森/村上春樹 3. 海辺のカフカ/村上春樹 4. バトルロワイヤル/高見広春 5. OUT/桐野夏生 6. 世界の終りとハードボイルドワンダーランド/村上春樹 7…

村上春樹評

村上春樹の感想をアメブロに書いています まあ 覗いてやってください 村上春樹先生評です

警覚策励(けいかくさくれい)

男の生きる目的は女を抱くことだと そんな事を言う哲学者は多い 女の生きる目的は 死なないことだそうだ 男は女を守り、女の為に死んでいく その男を女は本気で愛おしみ 本気で死にに行くのを止める しかし、男が自分の為に死んでくれることも 悲しみと言う…

矛盾

生きるために私は食べる 食べるために私は捕らえる 捕らえるために私は仕掛ける 仕掛けるために私は思惟する 思惟するから文明が開ける 文明が開けば簡単に捕らえられる 簡単に捕らえられると簡単な殺戮の方法が必要になる 多くの人が食べるためには 多くの…

クジラの彼 読後感

有川浩著クジラの彼を読んだ。短編集で6話載っている。クジラの彼はその一作目実は読むのは二度目。 有川浩を初めて読んだ作品がこれだ。今回は二度目。 私は基本、本を二度読むことなどしない。歴史小説は(好き)だから何度も、それこそ何十回も読み返す…

何色だい?

くれてやる コノイノチ どうとでも コノイノチ 好きにしろ コノイノチ だから コノイノチ だから コノイノチ だから コノイノチ ひとつだけ 聞いてくれ 真心 コノイノチ まごころ コノイノチ マゴコロ この命 君のマゴコロ 何色だい?

荒川洋治の文学観

大衆小説をよろこんで読むのは、純文学の文章の深い楽しみを知らないからだろう、とぼくはいとも単純に考えている。ほんものの文章の味を知らないので、話題性やストーリーだけに、たのしみを見るのだ。かわいそうに、とぼくは思う。いまはとても、こんなこ…

水仙

すいせん花言葉 「うぬぼれ」青年ナルシスは美しい。その美貌は数多の女を引き付けた。黙っていても女の方からナルシスに言い寄る 飽きたつまらない女はもういい当然だ、俺が女に好かれるのは ナルシスはいつしか溺れて行った。己の美貌に、己自身もそれが結…

塩の街 読みました

塩の街 有川浩のデビュー作。やっと読み終えました。 私嫉妬心が強すぎるのか大賞とった作家さんの本殆ど読みません 同じ書き手としてやはり本能レベルで悔しいんでしょうね。 ケツノ穴の小さな人間なんです。 時が経ち、嫉妬心が治まると、やっと読めるよう…

小説作法

“「小説作法」に類するものを何度か求められたのだが、いつもお断りしてきた。小説とは何をどのように書いてもよい文章芸術の唯一のジャンルである、だから作法など不要、というのが筆者の持論だったからだ。” — 創作の極意と掟 / 筒井康隆 さすが筒井先生 …

悩ましい

大地の女神が羊飼いに恋をした名をダフニスと言う女神は心の内をダフニスに打ち明けようとしたが鈍感なダフニスには届かない女神は大いに悲しみ、悲しみの代償に花を作った 雷神トールはこの花を愛し保護したこの花を身に着けし者は雷から守られると言い伝え…

赤鬼野郎

生あくび 大きく息を吸い込み 吐き捨てると 頭がクラクラ クラクラ クラクラ クラクラ クラクラ そこに小さな赤い鬼 親指ぐらいの大きさのくせに 妙に生意気な態度 緑の舌をチロリとだし 色付きの息を吐き 唾をまき散らし 踊り喋る ケッケ ケッケ ケッケ ケ…

小説家になろう 作品紹介

またまた素敵ななろう小説紹介です 今回も純文学日間現時点で二位作品 塗り潰したい まさに、何なんだこの小説は・・ 思わず目頭熱くなっちまったじゃないか・・不覚にも 行間を喚起させ、読ませ、想像させる しかも書き慣れた筆のピッチ 申し分ない で、、…

読書会話

大阪梅田の読書会に行ってきました。 読書会はこれで4回目 今回のは最初に行った読書会。 面白かったというか、感性が浄化されました。 日頃ダラダラしてるし 儲ける儲けないと目先の欲しか考えない中 純粋に文学について論じる 浄化されますよ こ・こ・ろ…

許されない者

さてさてお立合い ここに一匹の猫がいます 可愛いでしょ で・・・ この猫をば、こうして 皮をはぎ、くるりと裏返せば あら不思議 兎ちゃん 赤いお目目してるでしょ この兎ちゃんの耳をこう・・・ 結ぶとあら不思議 耳から煙が出て ほら 可愛い狸ちゃんに変身…

映画 クリミナル 2人の記憶を持つ男 見てきました

クリミナル 2人の記憶を持つ男みてきました。 粗筋はケヴィン・コスナーが死亡したCIAエージェントの記憶を移植され、壮絶な戦いに巻き込まれる死刑囚を演じるスパイ・アクション。道徳心のかけらもなく、人を愛した事がなかった男が、別人の記憶の影響を受…

飲み会と遊び

体調を崩してから 久しぶりの外出 身体をいたわりながら 羽目を外して遊ぼうと思ってます 最近真面目だったもんな 予定だいぶキャンセルしたけど 気が付けばまた少しづつはめ込んで行ってる 懲りないですよね 私・・・・(汗)

君を殺すための5つのテスト おすすめ作品です

小説家になろう 推薦小説です きみを殺すための5つのテスト いい作品ですよ 詳細等何も書きません とにかく素敵な作品です 泣きたい方 おすすめの恋愛小説です なろう小説純文学部門 2位の作品です 超おすすめ・・ 途中まではホント、普通の恋愛小説です …

春が蹴とばした私のぬくもり

春の野郎 私のぬくもりを蹴とばしやがって おかげで心の中は スカスカじゃん お提髪の女の子が 私を見て笑っている あはは あはは 透けてるよって そりゃ透けるさ 身体の中 春のせいで空っぽなんだから そうしたら お提髪の女の子 肩を叩いて ニタリ笑うんだ…

ぼちぼちと・・・

やっと 体調も気力も戻ってきましたので 近々 昔通り思いつき記事 発表させていただきます 御心配していただき 感謝感謝です

お休み延長

もうしばらく 記事 休ませていただきます

お休み

どうやら 風邪をひいたらしい 移したと思われる思われる友人の話では インフルエンザではないとのこと どちらにしても 熱と鼻水、悪寒、関節の痛み 仕事どころではありません かといって 会社を休むわけにはいきませんし とにかく帰宅したらそく 布団に直行 …

行くしかないだろう

僕の大好きな子猫ちゃんふわふわした手触り愛らしい瞳思わずキスしたくなる口 揺れ動く尻尾に見とれ僕の心もフラフラ揺れ動く 揺れ動く尻尾は催眠の玉心はますます高まっていく 惑わしすぎだよ子猫ちゃんほら、何も手がつかないじゃないかあれも、これも、そ…

イライラ

何かをしなければと、イラつくことがある。そう・・・よくある。 問題はその何かが何なのか、わからないのだ。わからないから、なおいっそう苛立つ。 生れてきたのだから何かその証を残したい思うのが人間だ。それこそが人間たる所以だと思う。 アイデンティ…

春浅いある日 水を飲んでみた 思いのほか冷たい ジャブジャブ じゃぶじゃぶ飲んでいると 水面に映ったくしゃくしゃの私が 水をかけてきた むっとして 拳固でなぐってみたら そのまま湖に引きずりこまれ 綺麗な色に包まれてしまった ここは ひょっとして 地獄…

シンデレラは城に向かわない なろう小説読感

久しぶりになろう小説を読んでみました。 ここのところ読書会用の本を読んでいたためなろう小説とはご無沙汰。 で・・・ なろうでの純文学その日の一位作品を読んで見たのですが 騙されました酷いです純文学ですよ・・ジャンルはこの作品を純文学に入れるな…

小説家必須のアイテム

カラオケで 他の人の歌を聴くのが好きだ いや少し言い方がごまかし(笑) 歌う人の歌を聞いているのではない 歌詞を読んでいるのだ 画面に映る 時々というか 大抵の場合、一曲にいいなあ・・・というフレーズが かならずある 同じ雰囲気であるのに作詞家によ…

カラオケ

今日はカラオケで遊んできます はちゃけて 気分転換 わおーーー(笑)

溜息しか出ない

同人誌仲間の友人と会ってきた 彼女は仕事を辞めたばかり お子さんも結婚し孫ができ とにかく多忙 そして私も多忙 会の開催も彼女の多忙を理由に もう二か月も流れている で急遽あったのだが 昼の一時に そこで 今後の同人誌の行末を検討したのだが なにせ多…

こんなもんだよ 人生は

本日読書会なるものに行く予定だった。 で、会社は早抜けしてきたのに 急遽中止。 なんでもメンバーが揃わなかったそうな 前回別の読書会では人数が多すぎたというのに 世の中色々ですわな で、ぽっかり時間が空いたわけ こりゃうれしいと 何しよう 何しよう…

パソコンが壊れました

ウインドス10が勝手に更新し バッテリが無く更新途中でパソコンの電源が切れ 壊れました パソコンが(怒!) とりあえず今何とか直しましたが なんなんだこの勝手に更新は もうやめてくれ 貴重な時間丸一日 どうしてくれるんだ とまあ、、、 思うのだが、…

舌打ち

眠い眠いしこたま眠いこんな時あの人がいてくれたらなぁそう思うといきなりのあくび大きなあくびと共に流れた滴は乾燥して無くなっちまった舌打するしかないよな

白い悪魔

白樺の木が倒れた 真ん中から縦に裂けて その裂け目からぬうと現れた 白き悪魔 悪魔のくせに白だとは 鼻の先で笑ってやると 近づいてきて 臭い息を吐いてまくし立てた 白い悪魔がだ 白で何が悪い 悪かないさ しかし、お前今笑ったろうが ああ笑った 悪くない…

いいんだろうか、こんなにハッピーで

最近は仕事より趣味の方に 力が入っているような そのせいか、仕事で細かなミス連発 それを鼻歌でかわす術まで覚え 我ながら最低(笑) まあ、 文句言われる年でもないので 皆何も言わないけど結構 迷惑かけてるかな(汗) それと会社関係者、以外の人との付…

尊い事

何食べてるんだいお前は 大人の女が子供に聞いた 人 ひと? そう 人 馬鹿、なんで人なんか食べるんだい だって言ったじゃない 人を殺すのはいけないことだけど 食べるために殺す行為は尊い行為だと 子供はそういうとニタリと笑った 手には血にまみれた刃物が…

コンビニ人間を読んで

久しぶりに芥川受賞作品を読んだ。 コンビニ人間(村田沙耶香) まあ、短編だ(私にすればだが)(笑)一気に読んでしまった。感想はと言えば、複雑。面白い面白くない基準で最近読む本を選んでいたから久しぶりに芥川賞受賞作読んでみた感想は、やはり複雑…

うたた寝

ああ 退屈だ 物理的には忙しいのに 何なんだ この退屈感は多分 たぶん いや、絶対 飽きたんだろうな 生きてることにそう 愛猫に呟いてみても 知らん顔だよな私だって わからないんだから 何故私が こうして お前の頭を撫でているのか見れば光が一筋 渡しを貫…

芥川作品

都合で 久しぶりに「まとも」な本を読まなければ ならなくなった。 そんなことを書けば今読んでる「なろう」絡みの 本が普通でないみたいで申し訳ないが 読む本が芥川受賞作 コンビニ人間だから、まあ、許されよ(笑) 私的にはなろう絡みの小説の方が 感性…

くそ

眠い 当然だ 徹夜で仕事、で、今帰宅 何もする気がせん くそ、くそ、くそ 誰に対してではないが 漠然と腹が立つ ああ・・くそ! もう くそして 寝よ でも・・・ その 糞すらでん ああ 溜息はよく出るのだが(笑)

変わり始めた環境

周りから物書きについて語り合える仲間が 減っていった 別に亡くなったわけではない 皆それぞれ諸事情で 遠方に行ってしまったからだ 少し 仲間集めをしなくっちゃ ふと そう思った SNSもいいが やはり対面で語り合う方が 楽しいもんな・・(笑)

誰に聞けばいいんだ

あの子も美人 そのこも美人 あの人も、そこの彼女も みんな、みんな美人 全て手に入れたい 全てに好かれたい 全てに愛されたい 全てを征服したい そんな願望こそが 男の生きる源なんだと 教えてあげたら 頬ひっぱたたかれた 彼女に 世の中 嘘つきばかりが は…

幸、不幸は、ちょんちょんでいい(笑)

昨日カラオケに行ってきた 昼12時から夕方6時過ぎまで 6時間超歌いずめ もち一人ではない 都合7人、順送りにひたすら歌うと いやあ・・ ストレス解消、超解消 でもさあ 徹夜明けで行って、さすがに疲れた 帰ってコーヒー飲んでたら 足つって、熱いコーヒ…

光る切っ先

三角の魂を手に取ってみた ギザギザで痛そう 四角の魂は黒くて汚い 台形の魂は透明で食べごたえがないし 円だ 丸だ 球だ 丸い魂が食べたいんだ 丸くてふわふわした あの魂を 知ってるんだよな 持ってる人を そう あの人 あの人の魂を食べたいんだ 愛おしいあ…

妄想

寒いですねえ 縮こまっちゃいましたよ 何もかも 縮小、縮小(笑) ああ こんな時ですよね あったかいお味噌汁と あったかいごはん そしてなりより ほんわり抱きしめてくれる ・・・・ ・・・・ あかん 会社行ってきます こんなん考えていたら 遅刻するわな・…