fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

ミミズクと夜の王を読んで

電撃小説大賞受賞作。
不思議な世界観だ。

私の大好きな小説家有川浩が解説を書いている。

「白状します。泣きました。奇ををてらわない
このまっすぐさに負けた。チクショー」

最初の行で有川はこう書きだしている。
最大の誉め言葉だろう。
こりゃ、読まなきゃいかんだろう。

で、さっそくページをめくればそこはもういき
なりメルヘンの世界。
ただのメルヘンじゃない。
ダークなメルヘン。
うわ!この世界観苦手だ・・・
直感的に浮かんだ思惑は、有川浩の「チクショー」
の言葉に軽く蹴っ飛ばされた。

げ、なんだ、この感覚は。
しかしもう遅い。
本の中からぬるりと手が伸びると私の柔らかな
部分をひとつかみ。
本の世界に引きづりこまれた。

湿っているようで乾燥。
おどろおどろしているようで、眩しい。
目を凝らせば、まっすぐ射る主人公ミミズクの瞳
に釘づけ。

みどりの香とまばゆい闇。
飛びかうダークな世界は、それでいて星屑をまき
散らしている。

胸の奥がちくちく痛む。
見れば周囲から骨の欠片が飛んできている。
骨の欠片は私の細胞の奥底に潜んでいる原始的な
良心に突き刺さる。

生きてる根源を
生きる源を
何故生きるのか

そんな諸々の大雑把でいて、原点でもある本来の
良心。
容赦なく骨の欠片は私の原始的な良心に突き刺さる。

そうか、
これか
これなんだ

匂いじゃない
臭いで感じ取った最初の故郷感。
これだったんだ。

何故か悲しい
何故かむなしい
何故か無力だ。

しかし逃げ出せない
なんなんだ、この甘く切ない良心の調べは。

悲しい、思わず涙腺が膨らむ
理由がわからないのだ。
淡々と流れる物語のいかだは、あちこち
張られた透明な琴線に触れると、私の良心
を刺激して、惑わせ、涙となって垂れていく。

耳を澄ませば、音が聞こえる。
素朴な音だ。
無欲で、ただ、流れに任され死にながら生きて
いるミミズク。

そこに現れた夜の王ふくろう。

言葉なんかいらない。
二つの無欲がぶつかり合い、融合した時無欲の
玉ははじけ、生きる無欲の本質をさらけ出す。
これこそが、良心の源泉か。

遥か昔、我ら先祖が語り聞かせてきた伝説を
この物語は、淡々と、ただ淡々と放り投げる。
観客は放り投げられた物語の欠片を掴むと気
づいてしまう。

自分の良心がいかに手垢にまみれ汚れきって
いたかを。

物語の終末にたどり着いたとき、観客は思い
しるだろう。
なんてことはない、我々は入り口に向かって
進んでいたことを。

そう・・・
物語は今始まるのだ。

合掌

合掌・・・

 

小林麻央さん死去 34歳 22日夜自宅で 闘病中にブログ続けるも力尽く

6/23(金) 11:06配信

スポニチアネックス

 歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻でフリーアナウンサー小林麻央(こばやし・まお)さんが22日夜、都内の自宅で死去した。34歳。東京都出身。人気キャスターから梨園の妻へ転身し、成田屋を支えていた14年10月、乳がんの告知を受けて闘病中だった。21日に容態が急変したという。

 

 

この姉妹

恋のから騒ぎ時代から

ファンだったのに

 

若くして逝くのは

やっぱ

悲しいよな・・・・・

 

合掌

蜜蜂と遠雷を読んで

音符が降ってくる。

痛くはないがもう、バラバラばらばらと
辺りはあっという間に音楽の山

シャープやフラットはくるくる回りながら
二分音符はタタタッと、四分音符は逆さまに
十六分音符は斜めになってケタケタ笑っている。
ものすごい数だ。

雪のように降ってくる。
コンコン、キャッキャと降ってくる。
どの表情も満面笑み。
楽しさは伝播する。
触れる者、ふれるもの、全てに笑みを与える。

降りしきる音符の雪は体に当たると、お約束事
のように身体の中に染みていく。
すると、音符たちは体の中で寝ていた言霊たちを
揺り動かす。

起きろ、起きろ、さあ、感動の時間だ。
言霊たちは目をこすりながら、音符に誘われる。
突然、笑い、弾け、手を取りあい踊りだす。
音符と言霊のコラボだ。

身体が熱くなる。
燃え上がる。
感動の息吹が、めらめらと、心の奥底からタケノ
コのように突き出してくる。

「ふざけるな!」
そんな、まやかしになんかに乗るもんか。
お前の手の内はわかっているんだ。
少女趣味な技法は、とっくの昔にばれているんだ。

そう強がるが、感動の息吹は強がりの塊さえ肩に
手を回し、踊ろうと誘う。
敵味方なんか関係ない
感動を分かち合おうよ。

「えーい!その手は私には通用しないんだ」

払いのけようとするが、力が入らない。
興奮が、感動が、喜びが、歓喜が、楔のように
まとわりついてくる。
それが、とんでもなく快感なんだ。

強がりは、音符と言霊のワルツに乗って、やがて
溶けだし、隠し持った私の良心をも引き釣り出す。
アイデンティティの崩壊だ。
自我が他者と融合してしまう。
止めてくくれ!

書き連なれた物語の行間など読み解く必要がない。
行間に音符が隠れ、ひょいと現れる。
言霊と手などつないで。

「さあ、批判精神なんか放り出せ、一緒に踊ろ」

誘われ、おずおず手を出せば、その手を握りしめ
踊り狂う、音符と言霊の世界に私を誘う。

と、突然踊りが止まった。
全員が空を見上げた。
三日月の端に女がぶら下がっている。

「あれは」

女は手を放し、三日月から地上に降りてきた。
音符たちが集まり、大きなクッションで女を迎え
入れる。

歓声が凄い。
割れんばかりの音響だ。
言霊は地を踏み鳴らし、音符の歓声と共鳴する。
拍手の嵐が、津波のように押し寄せ、やがて
静寂。

女が立ち上がったのだ。
純白の衣装。
なんと神々しい姿だ。
その人の名は おんだりく
そう、 恩田陸
手には、赤い血のような赤さのタクトを握りしめ。

恩田は血のタクトを振り上げた。

「やめろ、もうやめてくれ、感動は十分だ。これ
 以上の感動は魂が溶けてしまう」

しかし、恩田はやめない。
タクトを振り下ろすと、また始まりだ。
音と言霊のコラボ。
大地が騒めき、全ての空間が感動の嵐に飲み込
まれる。
止めてくれ・・・・

 

そんな小説が、蜜蜂と遠雷
凄い小説だ。
本屋大賞直木賞受賞は本物だ。
本物の力をいかんなく見せつけた。

読み手が感動するのは作家として当たり前だろう。
しかし書き手をも唸らせるこの技法はなんだ。
いや、技法ではない。
技などつかっていない。
ただ、音楽レースの有様を書き連ねた小説だ。
筋書きはいたってシンプル。
シンプルゆえにそのすごさがいよいよ冴えわたる。

何なんだ、この上手さは。

語彙の豊富さの裏には、何かが潜んでいる。
その何かが、わからない。
神か、言葉の神に愛されたオーラのなせる業なのか
ならば、恩田はもう神に昇華してしまったのか。

ならば頷ける。

善人だらけの登場人物。
悪人はいない。
足を引っ張ろうとする人もいない。
ただひたすら、善人だらけの配役が、音符と言霊
の嵐を踊りぬける。

踊る阿呆に見る阿呆、どうせ阿保なら踊らな損損
踊り狂えば感動の汗が飛び散る。

ただそれだけの小説。
なのに何なんだ、この感動は。
首にわっかをかけられ、否おうなしに感動という
火中の中に放り込まれる。
しかし、この火中が心地よい。
強制に放り込まれる、その行為すら愉快だ。

まてよ、恩田は神になったのではない。
ひょっとしたら、音符と言霊の奴隷になったのでは。
強烈な感動の矢を得るために、音符と言霊にすり寄
ったのか。

まてまて、それは、神にしかできない所業。
ならば恩田は、やはり神になったのか。
神、いや女王。

恩田陸
恐ろしい作家だ。
この先どんな作品を世界にちりばめるのだろうか。

見てみたいものだ。

いや、
渦中に入り込み、流れに身を任せてみたい。
恩田が与えるものが、言霊の麻薬ならば、こんな
甘美な麻薬はない。

喜んで中毒患者になってやる。

でもこれ以上の作品
書けるのだろうか、人技で。

凄い落ち

友人との飲みの席で

友人がニタリ顔で

「俺今モテ期」

ほざいた。

 

髪が薄く

腹が出て

短足出っ歯

ケチで、貧乏で

臭くて、エンドレスな話が得意

 

どこがモテ期じゃ

思わずつっこもうとすると

待てと私を手で押しとどめ

 

不倫したと、これまたほざいた

 

はあん?

世の中には物好きな女がいるもんだと

首ひねると

「がははモテ期、モテ期じゃわい」

と豪快に笑う

 

どうも信憑性が乏しすぎる

「で、、落ちは?」

 

と促すと

 

「夢じゃ夢、朝起きたら夢精しとった」

 

と下品な落ち。

 

「しかし凄いだろ、夢精だぞ、夢精」

 

何が夢精だ、ションベんちびっただけだろうに

そう思ったが幸せそうな顔

 

ま、、いいか

 

それにしても

その年で夢精・・・

凄い落ちだ(笑)

 

 

 

 

優しかった彼女をなぜ鬼嫁に感じるか を読んで

別に私の嫁が鬼嫁だから読みたくなったとは
決っして思わないでください。

私の嫁は天使です。
乙女です。
優しさの塊です。

ですから
こんな本まったく読む必要がないのですが、
まあ皆さん聞いてください。この本脳科学
本なんですよ。

あはは、驚いたでしょ。

私も驚きました。違うじゃん。わしゃ、鬼嫁
の話を聞きたかったんだ、どうしたら鬼嫁で
なくなるか、その解決策を知りたかったのに、
脳科学とは、どうゆうつもりじゃ、金返せ・・・

コホン・・あ、つまり、その・・
そうそう、脳科学の話なんですよ。

本の話をしなくっちゃ。

で、脳科学なんですが、全ての不合理は脳科学
見地から眺めれば全て合理的であると、この本は
説いています。

難しい本を読むと眠くなるのは
直感で判断すると間違えてしまうのは
利益や損失を見誤まってしまうのは

こんな諸々
全て脳科学から見ればしごく当たり前のこと。
すなわち原因がわかっているのです。
ならば解決策もわかるはず・・

ほーら
興味湧いてきたでしょ。

上手くいけば株で儲け
女子をたらしこみ、、じゃなかった、お付き合い
でき、上司の難癖を煙のように消してみたり
ストレス発散法がわかっちゃうんです。

でね、どうしてそうなるかの、合理的説明が
これまた合理的なんです。
さすが、脳科学の先生、やりますよね。

私軽口で書いてますが、なかなかどうしてこの本
実に分かり易く、そこそこのおバカさんでもわか
るよう懇切丁寧に書いてくれてるんです。

だって私が理解できたくらいなんですから。

解決策も当然最後に出てくるんですよ。
でね、私もその解決策にのっとって試してみようと
したんですがね、これが困った。
困っちゃったんです。

私には解決すべき悩みが無い

あちゃ・・・
気づいちゃったんです、脳天気な自分に

そうそう、鬼嫁の話なんですがね、どうして
優しかった彼女が鬼嫁に感じるか、実は私には
これも関係なかったんです。

だってさあ、私の嫁・・・
正直言っちゃうと
最初から鬼だったんだもん・・・

あちゃ、言っちゃった

あ、かんにん
かんにん
堪忍どっせ

冗談、冗談にきまってますがな・・・(汗)

アアア・・・

短編小説を

ポチポチ書き始めた

 

相変わらず

下手だなア

と思うもう一人の自分が

呟く

 

しかたない

書き直してみるか・・・・(汗)

「クラッシクを聴け」を読んで

面白い本だ。
まず最初にそれを言っておく。
買って損はない。
特にクラシックに興味はないが彼女がクラッ
シクックに興味がある。つまりクラッシックを
知ってる振りするのは最適な本だと。

ところで、クラシックの演奏会に行った事が
ある人はどのくらいいるのだろうか。
勿論私は行ったことがない。
興味以前に、あの尊厳に満ち溢れた空間に入り
音楽を楽しむなど、ノミの心臓である私ごとき
が入れるわけがない。

だって面白いと思えないと、思うからだ。
面白く感じろなんて、そんなの敷居が高すぎて
乗り越えられないよ。

長渕剛のコンサートなら行ったことがある。
興奮したよな。
あのノリでクラッシックのコンサートを聴けたら
いいのだが、どうも次元が違うようだ。

クラシックと長渕の音楽。
どう違うのかは私には定義できないが、少なくと
も私は長渕のコンサートで寝ることは無い。
時折、テレビでクラシックのコンサートを聴く
が(嫁が好きで聴いている)少し経つと強烈な
睡魔に襲われる。

そういえば思い出した。
昔音大の女子学生とお付き合いしたことがある。
音楽に興味があるふりをして付き合っていたが
(まんざら嘘ではない。現実に長渕のコンサート
には一人で何度も行ったことがあるのだから)
その音大生の女子ですら、生コンサートに行った
ことが無いという。
その彼女に、コンサートに誘われたこともない。

まあ、私の音楽論の底の浅さが見破られていたの
かも知らないが、少なくとも彼女もコンサートに
は行っていない。

もっともチケット代が高いから並みの女子大生
には気安くはいけないかもしれない。
無料のコンサートもあるが、やはり有名どころを
聴いて耳を肥やしたいと思うのが人情だろう。

ん?
何の話だったのか・・いかん、いかん、本の
感想だった。
今年の直木賞、本屋賞、ダブル受賞の蜜蜂と遠雷
買って読んでいるのだが、この本は凄い、凄すぎた。
そこで思ったのだ。
クラシックの知識が多少あれば、もっと感動する
のではと。
そして基本的な疑問?
クラシックの良し悪しって本当に聞き分ける事が
できるのだろうかと。

小説の良し悪しなら私にもわかる。
映画も演劇も、まあなんとか想像はできる。
しかしクラシックは想像すらつかない。
誰が弾いても同じじゃないか、どこがどう違うから
良い悪いと判別できるのかと・・・

知識欲は一時感動の本を読むのを止めさせ、答え探
しを先にした。
で、手に取った本が「クラシックを聴け」だ。

この本も凄い。
目からうろこだ。
正直大雑把に言えば、現状のクラシック界を大
いに嘆いている本だ。

悪口?と思われる記述はもう、あちこちにちりばめ
られている。
いわゆるハウツー物じゃない。
クラシックを本気で愛している、一ファンの嘆き
節だと思えば、心にストンと落ちる。
だからこそ、クラシックの(今)がよくわかり
クラシックの何たるかも、おおよその外枠だけだ
が、おぼろげにわかってしまう。
知ったかぶりが出来るほどの知識は十分吸収できる。

もっとすごいのは読み物としても面白いという点だ。
音楽を素人にもわかるよう懇切丁寧に説明してくれる
読めばクラシック通になった気分になれる事請け合
いだ。

クラシックを知らなければ知らないほど、合点がい
くこの本はまさにクラシックの手引書としてもいい。

クラシックは推理小説だと著者はいう。
ならば本好きの人には最適な音楽ではないのか。
当然クラシックを聴くうえで押えておかなければ
いけない約束事はある。
この約束事を踏まえ、クラシックを聴けば、あら
不思議、今までとは違った感性で聴くことができる。
らしい・・・

私はまだその域には行けてないが(笑)

そう、クラシックは聴くものではない。吟味し
推理するものなんだと。
そりゃ、奥が深いはずだ。
相応の知識が無けりゃわからないはずだ。
いや知識とは言うまい。
決まり事か。

茶道、お花、に相通づる世界観なのかもしれない。

まあこの本読んでみてください。
クラシック通になる事請け合いです。
もっとも底は浅いですが

クラシックと、日本の私小説
これもまた、似てるよな
なんとなく・・・・

ああ面白い小説が読みたい・・そして書きたい。

努力に関する名言集

少し挫折感が首をもたげてきたから

そんな時は名言集

 

努力に関する名言集を集めてみました

 

 

努力こそ夢への第一歩

 

明日やろうは馬鹿野郎

 

成功するまで続けたら失敗ではなく経験になる

 

才能よりも努力を続けられるかどうかのほうが重要です。継続できる人のほうが結果的には伸びる

 

「努力は必ず報われる」この言葉は確かじゃないけれど「継続は力なり」この言葉は確か

 

毎日の小さな努力のつみ重ねが、歴史を作っていくんだよ

 

進歩しないものはすたれ、退かず努力するものは必ず前進する

 

不規則な生活が続けば、それが規則となる

 

99%は失敗の連続であったそして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である

 

続けることが大事なのではなく「続けられる方法でやるのが大事なのだ」と思っています

 

小さいことを重ねることがとんでもないところに行くただ一つの道だ

 

途中でへばってしまう。でも一段ずつ確実に上がっていけば時間はかかっても頂上まで上がることができる

 

行動を起こすから、その先に何かが生まれる。変化は突然ではなく小さな努力の積み重ねから生まれるんです

 

来る週も、来る月も、絶えず前進を続けていれば必ず向上するものである。 最後に成功すれば、初めの失敗などは問題にならない

 

成功とは、小さな努力を毎日積み重ねた集積である

 

結局、やり続けた奴が勝ちでしょう

 

人生とは自転車に乗るようなものだ。ペダルをこぐのをやめなければ、転びはしない

 

私たちの最大の弱点は諦めることにある。 成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

 

作家になりたかったら、毎日三時間、十年間書き続けていればなれる

 

プロの作家とは、書くことをやめなかったアマチュアのことである

 

本当に物事を成し遂げる為には、成功するまで諦めない事である。やっていくうちに、世の中の情熱が有利に展開していくことだってあるのだから

 

成果をあげる人とあげない人の差は、才能ではない。いくつかの習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である

タロット占いができると

言ったものだから

友人がよく当たると冗談言ったものだから

 

占え

占ってほしいと

もう

うるさい

うるさい

 

冗談

冗談

 

火消しに奔走

 

 

噂とは

ホント怖いものだ(汗)

ほおける

今日もスケジュール

きちきち

 

明日も

明後日も

この先もズート

 

ふとおもう

 

このまま

この状態で

力尽きたら

案外

大往生なのかもと

 

チラリとだが

そう思う

 

それにしても

アイスクリームがうまい!!

ためいき

天にいる文学の神様に

剣を貫かれた夢をみた

そんな時でさえ思うのだ

 

神様

男だったかな

女だったかな・・と

 

自然を愛で

風流をまとい

粋を漂わす

 

そんな男になりたいのに

 

いまだ煩悩に惑わされる愚か者

 

ああ

仙人になるには

まだほど遠い・・・(泣)

 

困った こまった

小説が書けない

というか

ここ数日書いていない

 

いや

書いてはいるが全て

気に入らず捨てている

 

直木賞

本屋大賞

芥川賞

 

そんな作家さんの本ばかりよんでいたら

すっかり自信の塊が溶けてしまった

 

うますぎるよな

彼らは

 

今まで小説家になろうのサイトで

素人作家さんの小説読んでいたから

上手さの差あまり感じなかったけど

 

やはり大きな賞を取る人の物語は

自信を屋台骨から揺する

 

うーーん

どうしようか

 

読書会に行くのを続ければ

大賞作品は読み続けなければいけないし

そうすれば自信の基礎がどんどん砕けていくし

 

かといって読まなければ

良い点取り入れられないし

 

こまったもんだ(笑)

読書会

読書会に行ってきた

今回は夜間の部

主催者入れて六名

理想的な人数

 

21時終了

 

ここの読書会はオーソドックスな読書会

それなりに楽しめたが

会終了後の親睦会

参加するつもりが

トイレに行ってる間に

アガサクリスティー状態(そして誰もいなくなった

おいおい・・そんな(泣)

 

まあ、黙ってトイレに行った

私が悪いのだが・・・

 

主催者さんの連絡方法もわからないので

会場を聞くこともできず

残念無念

 

しかたないので帰ろうと電車に乗ったら

ありゃまあ

嫁と遭遇

なんたる奇跡

というか

気まずい鉢合わせと言うか・・・

 

嫁さんい仕事が長引いていつもより遅くなり

いつもとは違う車両に乗り

私と奇跡の遭遇

 

こんな奇跡そうそうないですよ

でもさあ

これ言っちゃあお終いだけど

 

赤い糸なんてさあ

今更いらないし・・・(笑)

 

 

おバカな自分

忙しい

ブログを覗く暇がないほど

 

自ら入れ込んだ予定とはいえ

確かに少し過密スケジュール

 

小説が書けない

書く時間を取る事

忘れてた

 

少し

考えなおさねば

 

ホント

わたしゃおバカさんだ(笑)

博士の愛した数式の感想

小川洋子
本屋大賞第一回受賞作品だ。
前評判が良く少しワクワク、期待満載で読ん
だのだがコップ表面に目一杯張った感動の液
は表面張力の膜を破る事はできなかった。

少しハードルを上げすぎるのはよくないのか
も(笑)

良い作品だ。当然。
あれだけ沢山の人が薦めるのだから。

悩む、うーん、悩むんだ。
どう表現すればいいのかと。

甘さを抑えたケーキ。
す、ケーキだ。
登場人物もまた皆、甘味を押さえて描かれている。
良質の人間がそれぞれの個性をぶつけ合うのでは
なく、かといって寄り添うでもなく、ただ、いる、
存在する、その存在感がジワジワ発酵しやがて不
思議な光を発するとやがて弾ける。
するとどうだ。
その衝撃で、読者の次元がホンの少しずれる。
本人もきずかぬ、ほんの少しだけ。

この歪みが本来異質と思われる登場人物を普通に
戻し、読者こそが実は異質だったんだと気づかせる。
錯覚を起こしたのか、起こさせたのか、それすらわ
からぬ、不思議な亜空間。

まさに甘さを抑えたケーキの小説。
心に甘砂糖の膜をかけ、常識の異質をあぶりだしてる。

80分で記憶がリセットされる天才数学博士の空間に
母子家庭の親子がするりと溶け込む。
まさにするりと、何の抵抗もなく。
数式という、言霊ならぬ数霊とでも評せばいいのか
数の妖精に手を引かれ母子は博士の、80分の常識の
壁をすり抜けた。

博士、主人公の家政婦、その子供、ここに博士の義
理の姉が悪魔のごとくそそり立つが、実はこの悪魔
ガラス細工の悪魔である事に家政婦は本能の部分で
気づいていた。

義姉が、博士の80分の壁の中にいるのか、外にい
るのか、それは定かではない。
しかし、すべての始まりがこの義姉・・・
さしずめケーキの周りに塗られたクリームの如く

いやいや、言うまい、それは読者が味わう事。
このケーキの味は実際に味わうことでしか分からない
旨いのは間違いない。
味わうべきはその甘味の度合いだ。
この甘さ
好き、、、それとも、物足りない?

それにしてもうまく作りあげたものだ。
作者さんは。
派手なアクションもない。
強烈な個性のぶつかり合いもない。
話は淡々と進んでいく
数の妖精に導かれ。

普通なら読むのをやめてもおかしくない、話の
運び方だが、読むのをやめられない。
数の妖精に魅せられたのは、登場人物たちだけではない。

読者も、或は、ひょっとしたら、作者自身も妖精の
魔法に操られたのかもしれない。

淡々と進む話は、やがて淡々と結末に向かう。
よく考えれば決して淡々ではないのだが、何故か
淡々と進むように感じてしまう。

そして、予想通り、淡々と終える。

嘘だろう、もっと結論を明確にしてくれよ
落ちをはっきりさせてくれよ
残された謎解きを語ってくれよ

しかし物語は、あっけなく、極めて自然に淡々と
終える。
怒りがこみ上げてきそうで、まったく起こらない
むしろそう、この終わり方こそ自然なんだと妙な
納得感さえ起こさせる。

そうか
そうなんだ
これこそが、博士が愛した数式の答えなんだ
そうか
そうなんだ。