読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuuraの小部屋

小説や本について寡黙に妄想。小説家になろうのサイトで人気を得る研究。小説家になるにはどうしたらいいかを研究。でも結局は、まずは小説と詩を書こう 。

小説家になろう 作品紹介

小説家になろう推薦小説レビュー紹介

またまた素敵ななろう小説紹介です

今回も純文学日間現時点で二位作品

塗り潰したい

 

まさに、何なんだこの小説は・・

思わず目頭熱くなっちまったじゃないか・・不覚にも

行間を喚起させ、読ませ、想像させる

しかも書き慣れた筆のピッチ

申し分ない

 

で、、作家じゃないのか、プロじゃないのか

これ、もうプロの粋ですよ

この作家の他の作品読んで見ればわかりますが

そんじょそこらの作家さんより記憶に残るお話ばかり

 

それでもプロになれない

純文学の底はどこまで深いのか

呆れるやら腹立たしいやら

 

それにしても己の才能のなさには愕然とする

これが才能の差と言うのか

あほらしい

どれほど書けばこのレベルにまで到達できるのか

ああ

情けなや・・・・

 

布団の中に滑り込みふて寝するしかない

 

それにしても

うまいなあ

 

他の作品も全部読んじゃおうかな

読書会話

自分の事

大阪梅田の読書会に行ってきました。

読書会はこれで4回目

今回のは最初に行った読書会。

面白かったというか、感性が浄化されました。

 

日頃ダラダラしてるし

儲ける儲けないと目先の欲しか考えない中

純粋に文学について論じる

浄化されますよ

こ・こ・ろ・・が。

 

少し癖になってきたみたい

読書会が(笑)

 

読書、文学に興味のある方

おすすめですよ

お話が文学論が主体ですから

中々の空気感

 

私的には大好きです

 

 

許されない者

さてさてお立合い

ここに一匹の猫がいます

可愛いでしょ

で・・・

この猫をば、こうして

皮をはぎ、くるりと裏返せば

あら不思議

兎ちゃん

 

赤いお目目してるでしょ

この兎ちゃんの耳をこう・・・

結ぶとあら不思議

耳から煙が出て

ほら

 

可愛い狸ちゃんに変身

 

え、、なんだって

最初から狸が猫と兎に化けていたって

おいおい誰だよ

タネばらすの

やめてくれよ

オイラの商売あがったりじゃないか

 

うわ

狸まで逃げ出しちまった

やばやば

何にもなくなっちまったじゃないか

こりゃ困ったっぞ

 

どうしようか

しかたない

また踊り子になって稼ぐか

 

よいしょ

爆転したらさあ

おいら肌の白い透き通った瞳の

麗しい乙女になっちまった

 

さあて

稼ぐか

馬鹿な男共をたらしこんで

 

ふっと目の前にあった鏡見たらさあ

思った以上にオイラ、美人じゃん

 

だ・・

ダメダメ、、ダメだぞ

惚れちまったようだ

オイラが、オイラに

 

そうか

そういうことか

だからオイラ

自分が許されないんだ

自分を許せないんだ

 

なんだ

そーゆーことだったのか

 

なぁんだ・・・

 

映画 クリミナル 2人の記憶を持つ男 見てきました

映画感想

クリミナル 2人の記憶を持つ男みてきました。

粗筋は
ケヴィン・コスナーが死亡したCIAエージェントの記憶を移植され、壮絶な戦いに巻き込まれる死刑囚を演じるスパイ・アクション。道徳心のかけらもなく、人を愛した事がなかった男が、別人の記憶の影響を受けて変わっていく姿をコスナーが繊細に体現。ゲイリー・オールドマントミー・リー・ジョーンズといった名優が共演する。

CIAロンドン支局のエージェント、ビリー(ライアン・レイノルズ)が、極秘任務中に非業の死を遂げた。彼は米軍の核ミサイルさえも遠隔操作できる恐るべきプログラムを開発した謎のハッカー"ダッチマン"の居場所を知る唯一の人物であった。"ダッチマン"を探し出し、世界の危機を救うための最後の手段は、禁断の脳手術によってビリーの記憶を他人の脳内に移植すること。その移植相手に選ばれたのは死刑囚ジェリコ・スチュアート(ケヴィン・コスナー)だった。記憶が失われるまでのタイムリミットは48時間。ジェリコは凶悪犯である自分自身とCIAエージェントであるビリーというふたつの人格に引き裂かれながら、テロリストとの壮絶な闘いに巻き込まれてゆく……。

ふらり入り、なんとなく見たのだが、あら意外。
結構面白かったんです。

久しぶりに見たケヴィン・コスナー
いい演技してましてね。

見ていく先、小説を書いてる物書きの性として、ついつい自分なりの結末を想像してしまう。
ははーーん。この映画最後はケビンコスナーを殺して、終わりが落としどころかと。

ところがどっこい、ハッピーエンドで終わっちゃってびっくり。
嘘だろ・・
あり得ない・・
これはケビン死なないと収まりつかないだろうに・・・
ひょっとして続編なんか考えて作ったとか・・・

まあ、だからと言ってけなしてるんじゃありませんよ
ハッピーエンドで終わってますから
そりゃ後味が良い映画になってますよ。

でもさあ、
やはり、この映画は、最後ケビン殺さなきゃ、、とまあ
最後まで腑に落ちず
それでいて
ほんの少しハッピーな気分で映画館出られたのですから

いい作品なんですよね
多分

あ、、

勿論、おすすめですよ。

飲み会と遊び

自分の事

体調を崩してから

久しぶりの外出

身体をいたわりながら

羽目を外して遊ぼうと思ってます

 

最近真面目だったもんな

予定だいぶキャンセルしたけど

気が付けばまた少しづつはめ込んで行ってる

 

懲りないですよね

私・・・・(汗)

君を殺すための5つのテスト おすすめ作品です

小説家になろう推薦小説レビュー紹介

小説家になろう

推薦小説です

 

きみを殺すための5つのテスト

 

いい作品ですよ

 

詳細等何も書きません

 

とにかく素敵な作品です

 

泣きたい方

 

おすすめの恋愛小説です

 

なろう小説純文学部門 2位の作品です

 

超おすすめ・・

 

途中まではホント、普通の恋愛小説です

 

その先から・・・

 

いや言うまい

 

少し長い作品ですが

読んで損のない作品です

 

私一押しの作品です

春が蹴とばした私のぬくもり

春の野郎

私のぬくもりを蹴とばしやがって

おかげで心の中は

スカスカじゃん

 

お提髪の女の子が

私を見て笑っている

あはは

あはは

透けてるよって

 

そりゃ透けるさ

身体の中

春のせいで空っぽなんだから

 

そうしたら

お提髪の女の子

肩を叩いて

ニタリ笑うんだ

 

よかったじゃないの

新しいもの

一杯詰め込めこめるでしょ、、だって

 

そうか

だから春は蹴とばしたんだな

私の心の中を

 

スカスカ

最高じゃん

 

そうだ

手始めに君と恋するってのはどうかな

 

お提髪の女の子に

そう言おうしたけど

一陣の旋毛風と共に

女の子いなくなっちゃった

 

いつもこれだ

それっぽく匂わせておいて

最後は突き放す

春の常套手段

 

ふん

騙されるものか

 

おいら

いくつ経験したと思っているんだ

 

し・つ・れ・ん・・・を

 

 

ぼちぼちと・・・

自分の事

やっと

体調も気力も戻ってきましたので

近々

昔通り思いつき記事

発表させていただきます

 

御心配していただき

感謝感謝です

お休み延長

自分の事

もうしばらく

記事

 

休ませていただきます

お休み

自分の事

どうやら

風邪をひいたらしい

 

移したと思われる思われる友人の話では

インフルエンザではないとのこと

 

どちらにしても

 

熱と鼻水、悪寒、関節の痛み

仕事どころではありません

 

かといって

会社を休むわけにはいきませんし

 

とにかく帰宅したらそく

布団に直行

 

しばしブロクの更新

休憩させていただきます

行くしかないだろう

僕の大好きな子猫ちゃん
ふわふわした手触り
愛らしい瞳
思わずキスしたくなる口

揺れ動く尻尾に見とれ
僕の心もフラフラ揺れ動く

揺れ動く尻尾は催眠の玉
心はますます高まっていく

惑わしすぎだよ子猫ちゃん
ほら、何も手がつかないじゃないか
あれも、これも、そしてこれも
みんな中途半端
でも口笛吹きたくなるほど心は軽やか

みんな君の瞳のせいだ
君の瞳にくぎづけなんだ

抱きしめたい
そう思い近づけば
君はするりとすり抜ける

もう
それが思わせぶりと言うんだよ


風が吹いた
葉が落ちた

突然
粒雨が ポタリ
空が黒色に染まると
閃光が吠えた

ストロボのように浮かび上がる
君の姿

後ろ向きの君は
相変わらず尻尾を揺らめかせながら
ゆっくり僕の方を見た

大きな口を開けて

甘い
ピンクの香りが僕を誘っている
おいで
おいで・・と

行くしかないだろ
もう

そう

行くしか

イライラ

自分の事

何かをしなければと、イラつくことがある。
そう・・・よくある。

 

問題はその何かが何なのか、わからないのだ。
わからないから、なおいっそう苛立つ。

 

生れてきたのだから何かその証を残したい思う
のが人間だ。
それこそが人間たる所以だと思う。

アイデンティティの確立。
意識的であれ、無意識であれ誰もが思い、悩み、
彷徨う。
このアイディンティの確立、実に厄介だ。


途方もなく無限で、限りがないのだ。

何かを成し遂げようとし、成し遂げたとしても
さらに次の何かが現れる。
その何かを求めまた彷徨い始める。

何なんだ、この無限地獄・・・


何かに似ている

あれだ、あれ・・
欲望だ。

欲望にも際限がない。
なんてことない、アイデンティティの追及は
どこかで欲望とリンクしている。

 

アイデンティティの追及は、結局欲望の追及で
際限がない。
ならば、自分探しの旅など砂漠に迷い込むだけだと気づく。
果てしないだけだ。


ドアを開けたその先に、心のオアシスがあるなど幻想だ。

どこかで諦める覚悟が必要だ。
どこかで止まる覚悟が必要だ。
どこかで振り返り、来た道を戻る勇気も必要だ。

 

こたつに入り、猫と戯れ、好きな本を読み、BGMを耳から
流し、熱いコーヒーをすする。

人生の至福なんてこんなもんだと、誰もが思うが
残念なことに、凡々な生活が長引くとまた、尻が浮き始める

 

何かしないと・・と。

 

 

本当に人の脳とは、厄介なものだ。

 

春浅いある日

水を飲んでみた

思いのほか冷たい

ジャブジャブ じゃぶじゃぶ飲んでいると

水面に映ったくしゃくしゃの私が

水をかけてきた

 

むっとして

拳固でなぐってみたら

そのまま湖に引きずりこまれ

綺麗な色に包まれてしまった

 

ここは

ひょっとして

地獄かいな

 

あたりを見渡してみたら

鯛やヒラメやらが舞い踊ってるではないか

 

竜宮城かいな

そう思って乙姫様をさがしたら

いたいた

いたぞ

 

鯛とヒラメに挟まれ

笑っていた

 

近づいていき

抱きつこうとした時

目が覚めた

 

目の前に嫁がいた

 

あんた早くいかないと遅刻だよ

 

慌ててパンかじりながら

家を出たが

おかしいとおもい

振り返ってみたら

そこには

そこには

 

原爆ドームが建っていた

シンデレラは城に向かわない なろう小説読感

読書感

久しぶりになろう小説を読んでみました。

ここのところ読書会用の本を読んでいたため
なろう小説とはご無沙汰。

で・・・

なろうでの純文学その日の一位作品を読んで見たのですが


騙されました
酷いです
純文学ですよ・・ジャンルは
この作品を純文学に入れるなんて

人間の内面をえぐり取るような作品期待して(本当は眉をひそめて)
読んだのですが

おいおい
おいおいです

これがさあ
面白いのです
まさしくやられた感バリバリ

なるほど、こんなやり方もあるんだ

なろう小説と言えど読者を馬鹿にしてはいけません
(この表現の方がひどい言い方かも・・・)

良い作品はちゃんと読まれるのです
そのうえ、この作品、書き手のしての感性にも
どびーーんと共鳴

そうか
こんな書き方があったんだ
しかもこの作品
この先どうとでも枝分かれできるぞ・・と

いっそパクっちゃおかと
よからぬ妄想まで

いやあ
まいりました

脱帽です

なろう小説
いいですよね・・本当に

 

作品は ここ です

小説家必須のアイテム

自分の事

カラオケで

他の人の歌を聴くのが好きだ

いや少し言い方がごまかし(笑)

 

歌う人の歌を聞いているのではない

歌詞を読んでいるのだ

画面に映る

 

時々というか

大抵の場合、一曲にいいなあ・・・というフレーズが

かならずある

 

同じ雰囲気であるのに作詞家によって

言い方が微妙に違う

そして、そのどれもが心に響く

 

小説を書く人におすすめです

カラオケはいいですよ

特に他人数での。

 

そして歌詞を見ましょう

一人なら絶対見ない歌詞が

どんどん目に入ってきます

しかもそのフレーズ

今気に入られているフレーズなんですよ

 

語彙の研究に絶対役立ちます

 

カラオケは小説家を目指す人にとって

役立つツールの一つです

これ間違いありません

 

あ、、一人カラオケはダメですよ

あくまでも多人数

できれば年代が違う人との組み合わせとね(笑)